やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

カテゴリ: シンガポールで食べる南インド食

画像 591
「5SGD位でなく、7SGD出したらどんなのがたべられるのかな?」

と思ったので、若干高めの店をチョイスしてみました。いつものシンプルなミールスと比べて、ここの店のは色々と付いています。店名は、Sakunthala's Restaurantです。

画像 599
住所) 55 Race Course Road Little India

値段はこんな感じです。
画像 600
ここも、そこそこ人が入っていました。私が選んだ店でははじめてアジア系の人が、ビリヤニを食べていました。多分同僚がインド人だから付き合って食べてる感じなのかなぁという印象でした。
画像 596
ダルカレー(豆カレー)にほうれん草が混ざるのはシンガの(またはタミルの)南インドカレーでは基本っぽいですね。
画像 594
ここのヨーグルト系の玉ねぎベースのサラダは、現地の味をかなり忠実に再現しています。ここの店のポイントは、何といってもこれ。(パパダムの影に隠れているのか、全体写真には写ってません。)
画像 598
Curd Chili(カードチリ)

チリみたいな外見ですが、これは辛さよりも塩気がめちゃくちゃ強い。なのに、美味しい。これ一個でご飯一杯いける位の塩気です。

ケララで新年のお祭りを会社でした際に、会社から社員全員に振舞われる正式なケララミールスで食べたものです。懐かしい味でした。
画像 592
インド人は結構適当に混ぜてベチャッとさせて食べている人も多いのですが、私は数種類のカレーを毎回違うブレンドでミックスして食べています。例えば、カード(ヨーグルト)とダルカレーと野菜とかを少しずつ、という感じです。
画像 597
それにこの塩気が強い物が加わって口内調味が可能になると尚更味のバリエーションが広がります。嬉しい!
画像 595
けど、この赤いカレーみたいなのが、トマトの味が強すぎて、個人的にはちょっとイマイチです。隣のドーナツみたいな揚げ物は、南インドでティータイムに良くみんなが食べてるワダという食べ物やつです。

7SGDでも、まぁ理解はできる価格設定。OKだけどコスパとしては若干不満。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像 594
インド在住時に、一時期は文字通り毎日毎日ビリヤニを食べ続けた事がありました。その時は、私の前世の名前が

ビリヤニン

ではないかと思うほど食べてました。一番美味しいのは何といってもチキンビリヤニ。せっかくなので地球の歩き方でも紹介されたらしい店にいってきました。
画像 591
駅近くのTekka centerに入っています。値段は4.5SGD(360円)でした。メニューは結構シンプルです。
画像 593
大釜に炊き込みご飯が大量に入ってます。
画像 592
盛り付けてもらったものを、一気に食べました。美味しいけど、別に取り上げて紹介するほどでもないというのが正直な感想です。(っていうか、もっと美味しいビリヤニが近くで食べられます。紹介は後日。)

ビリヤニだけを集中して食べていたところ、セットで付いてきたカレーが全くの手つかずになってしまいました。うーんどうしよう・・
画像 596
そんな時は、白米を頼みましょう。ビリヤニを売っている隣の店でPlain Riceを40円で売っています。米だけ頼むのももちろんOKです。
画像 599
値段は40円か60円。私は60円の方をチョイス。
画像 595
こんなにもらえました。早速かけると・・・
画像 597
これはこれで、アリな感じです。ラーメン雑炊みたいな感じです。

Wikipediaのビリヤニの項目によると、南インド版ビリヤニのみゆでたまごがセットなのだそうです。だから私からすると付いてるのがスタンダードでしたが、シンガでは違うというのをはじめて知りました。

個人的にはゆでたまごを手で潰してふりかけみたいにまぶして食べるのが好きなので、卵が無いと残念です。

それと、Wikipediaのビリヤニの項目は、実はNBA(日本ビリヤニ協会)の翻訳によるものですが、これは英語の記事を翻訳+日本語の独自内容を足したものになっており、英語版Wikiよりも情報が濃いものとなっています。よって、グローバルに戦えるレベルの情報の濃さとなっております(笑)
 
なんで私が知ってるかというと、私も一部翻訳に協力したからです! 
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像 589
「タミルミールスを食べても何か違う感が拭えない」
と前回の記事で書きました。ケララミールスが食べたい・・・
という訳でリトルインディアを探しました。

ありました。

それがこのPremaas cuisineです。

それもここ、着色料、味の素などをを使わない
天然素材のみを格安で提供します、とうたっています。
保存料も使わずに、天然素材で勝負です。
画像 586
Little India の Dalhousie Laneという通りにあります。
画像 588
駅から歩いて5分位です。
ここでは、一番安いミールスも2種類あります。

ケララ米 (赤米)のものは7SGD(560円位)と、
白米を使用したものは6SGD(480円)です。
今回は懐かしの赤米をチョイス。
画像 583
これにヨーグルトっぽいものとサンバルをかけてくれました。
画像 584
ここのポイントは、何といってもドラムスティックです。
画像 585
これ、一見アスパラみたいに見えますが中はしっとり柔らかいです。
外皮は消化に悪そうなので食べられませんが、ドラムスティックを
口の中に入れて舌で押すとホロッと崩れます。独特の食感と、
味がたまりません。私は大体歯でこそいで食べてます。行儀が
いいかはあまりわかりませんが・・・これぞ「ケララミールス」だと感じます。

ここで食べたケララミールスは、インドに住んでいた時に
新年のお祝いで会社の同僚から家に招待していただいて、
その人の家族と一緒に食べたミールスの味にとても似ていました。
つまり、良い意味でケララの家庭の味、という感じです。
お店の人の感じも良く、とてもいい感じでした。 
ライスやカレーのおかわり をしても追加料金無しでした。

リトルインディアの中でも相当オススメです!! ☆5つです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像 572
これが南インドのミールスだ!という訳で食べに行ってきました。
アーリアミールスというのを頼んで4.5SGD、ライス追加を頼んだら
最終的には5SGD(400円)でした。この値段でこれは満足です。
画像 574
場所は、Little Indiaのcampbell Lane(キャンベルレーン)という通りにあります。
駅からは歩いて5分ほどです。メニューも写真をとって来ました。
画像 570
マサラドーサで2SGDというのは中々手頃な朝食ですね。もう少し
安い所を探せば1.5位もあるかもしれません。この店のハイライトは何といっても
画像 573
このピクルスです。たしかマンゴーのピクルスなのですが、
ものすごく味が強くて、人によっては好き嫌い激しいです。
何回か食べるとやみつきになります。

ただ、ミールスの味付けは私が食べ慣れた「ケララミールス」ではなく
「タミルミールス」でしたので、スパイスが若干強かったです。

前前回に紹介したカレーよりもこっちの方が南インド色が強く、
むしろ中途半端にケララミールスに近いだけに

「何か違う感」

といっても、充分美味しかったですよ。この値段でこのクオリティなら
全然問題ないですので、オススメです! 特に屋台の食事は野菜が
少なくなりがちなので、南インドのベジタリアン食は体にいいはず。

☆4つです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像 547
「南インド料理が食べたいなぁ」とおもったので、リトルインディアに
行ってきました。シンガポールにはタミル系の移民がたくさんいます。
タミルナドゥ州は私が住んでいたケララのお隣なので南インドにあり、
食文化も結構近いです。例えばこんな感じの食べ物をよくみました。
画像 549
こういった揚げ物は、ケララでもティータイムに良く食べました。
画像 550
同僚が職場に揚げたてをもってきて、一緒にモリモリ食べたものです・・・
と懐かしくなって写真をとりまくりました。(こういうのばっかり食べてるから
インド人は太るんですけどね・・・)
画像 555
今日の昼は、ビレッジカレーという店の前ををたまたま通りかかったところ

①そこそこ人も入ってた
②入ってる人もインド人ばかり
③値段も結構思ったよりも安かった

のでここで食べました。南インド料理で一番のオススメはミールスです。
インドでは一食100円程ですが、シンガでは安いと5SGD(400円)位からのようです。
画像 551
オススメはベジタリアンカレーです。チキンカレーとかも美味しいですが、
是非一度ベジタリアンカレーを試して見てください。スティーブジョブズが
菜食主義でも大丈夫だった理由がわかるくらい美味しいです。オススメします。
画像 554
こんな感じでした。ケララのミールスとは若干違うけど、
南インドのスパイスな感じの味がしましたサンバル最高!
駅から歩いて5分ほど。住所は下の写真を見るとわかります。
画像 556
しかし、その後にリトルインディアを歩いていたらもっと本格的な
南インドミールスを食べられそうな店を発見。明日再チャレンジです!

リトルインディア駅から町に来る途中にホーカーズを通るのですが、
そこには3〜4軒ビリヤニというインドのスパイス炊き込みご飯を
売っている店があります。
画像 558
こんな感じで、鍋に一杯作って、一人分ずつ盛りつけます。
画像 557
一人前で5SGD(400円)。インドだと130円だけど、インドの方が
手抜きしてご飯にチキンカレー混ぜて「チキンビリヤニ」で売っている
ところもあるので、こっちの方が信頼できるかもしれません(笑)
画像 559
インドで食べたビリヤニです。う、うますぎる。ちなみに、そこでは

「地球の歩き方で紹介された店ですよ」

アピールを看板でしている店があったので何か悔しいから
そこで食べないで写真も取りませんでした(笑)
画像 560
ラッシーは2SGD(160円)。10分待たされたけど
氷抜きでたっぷり入ってたから許す(笑)

 明日も昼ご飯は南インドミールスを食べに行こうと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ