やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

カテゴリ: 電子書籍作成関連


KDP
キンドルの海外旅行部門における値段が落ちています。元々、紙と比べるとKindleで本を買う人自体がまだ少ないので電子書籍自体が黎明期ではあるのですが、ふと気が付いたら深夜特急の値段が280円になっていました。それと比較して、ほぼ一年前に私が出した南インドの電子書籍が一番売れてた頃は、一冊400円でした。
深夜特急3位
商業出版社にしては、30%オフ(120円の値下げ)は中々踏み込んだなぁというのが正直な感想です。トップ10の上位は深夜特急が入っていましたが、以前はトップ20からも転落した事を見たことがありますので、Kindle部門での上位を維持したかったのかなぁ?と思います。

同時に、Kindleの海外旅行部門の厳しさを感じます。体験を書くというのはある意味で誰でもできるので、海外旅行関連でKDPから出版している人は結構いて、中々激戦区になっています。(どう書くか、どう売るために知ってもらうかはまったく別の話ですが)

私が出す長期滞在体験本(南インド&マレーシア)は、トップ20位には入りませんが、嬉しい事にそこそこ売れています。

マレーシア は出版から月平均50冊以上コンスタントに売れています。
 ↓



南インドは発売から一年以上、コンスタントに月平均50冊売れました(最近は落ちてきています)




ただ、他のアジアの裏を描いたりセンセーショナルな体験を書いたシリーズ本には適いませんが・・・刺激的な物のほうが売れる、というのは事実だと思います。実際面白いし。シリーズ物で中盤の本をあえて価格を少し下げてみたりして、どうすれば継続して買ってもらえるかといった戦略を考えて値段を決めたりするのは、ありだと思いますし、参考になります。

逆に大丈夫かなと思うのが、いわゆる普通の出版社が出すガイドブックです。地球の歩き方などが軒並みトップ20位に入っていないという状況が、なかなか面白いです。この海外旅行部門ベストセラーランキングをみて、「地球の歩き方一冊1700円」とかを見ると高いなぁと感じてしまうあたりがなんともいえません。ガイドブックは荷物にならないという点ではプラスかもしれませんが検索ができなかったり、あるページから違う項目に移りたいときなどの移動が面倒になったりすると、利便性は落ちてしまいます。

単純に、この市場では海外旅行や海外生活の面白い読み物が売れるのだなぁという感じです。

矢野マレーシア電子書籍表紙
私が利用した旅行会社で一番良かったと思っている理由は、パッケージにしたほうが自分で一つ一つを
買うより安いからです。総計は約16000円で、以下を利用させてもらいました。


①クアラルンプール⇔タマンネガラのバスとボート
②食事完備
③ガイド付き観光ツアー(キャノピーウォーク・ナイトジャングルツアー・原住民村訪問)
④宿泊設備(ツイン・AC付き)
⑤オプション料金でナイトサファリツアー

2日目夜のジャングルサファリ以外、本当に追加料金を払う必要がありませんでした。

ジャングルサファリでは、夜のプランテーションを4WDに乗って走り回り、ガイドさんが大きなライトで動物を探してくれます。それも、こんな感じで箱乗りです。
IMG_5310
10人くらいが荷台&屋根に座ってプランテーションを走りまわります。みんな懐中電灯をもってきて、自分でも探します。このときに一番凄かったのが・・・
IMG_5303
野生のニシキヘビを生で見たことです。いやー、あれは凄かった。感動でした・・・と同時に以前インドネシアで蛇を首にかけた事があったのですが、その感触を思い出しました。首にかけて触ると、筋肉が動くのを感じるのですよ、あの感触が・・・

また、あの会社の面白いところは、旅行の自由度が高いことです。交通手段+素泊まりもOKですし、豪華リゾートツアーも可能、移動手段のみアレンジいうツアーも売っていることです。また、現地に来ての延泊などもフレキシブルに対応可能です。かなり自由度が高い上に、値段もお手ごろで利用価値が高いと思っています。

そんなおすすめ会社の情報は↓こちら。

IMG_5194

タマンネガラにあるリゾートホテルでは、普通の高級ホテルの
朝食が食べられます。オムレツバーがあって、シェフが作ってくれるレベルです。

しかし、酷いところもあります。とあるフローティングレストランに行って、

「メニューは?」

と聞くと

「ない。ここにあるだけ。」
IMG_5207
といってこの写真を指差されました。これでビュッフェで15RM(450円)って・・・ちょっとアレ過ぎませんか。食欲わかないです・・・もちろん、これは極端な例です。もう少しマシなところもあります。近くのフローティングレストランでは、メニューは以下のような感じでした。
IMG_5190
朝食セットで8RM(240円)、ご飯一食セットで16RM(500円)といった感じです。他にも、
IMG_5189
アラカルトでチャーハンなどを頼むことができます。こちらだと一食300円からあるので、少しはマシです。私が利用した旅行会社の契約レストランの食事は、ボチボチ。すべてビュッフェ形式です。
IMG_5108
朝食は、パンとバタージャム+炭水化物(チャーハンやビーフン炒め)+果物といった感じです。
IMG_5109
トースターが一台しかないので、早めに来たほうがいいです。
IMG_5176
昼は大体


肉一種類
野菜一種類
果物

という感じです。夜は若干豪華になっておかずが増えます。
IMG_5301
こちらは


肉一種類
野菜2種類
果物

でした。味はそこそこで特に問題ありませんでした。豪華なリゾートの食事をしなくても、これで私は十分でした。最後に食事のシステムを紹介します。
IMG_5302
食事をする際にこのように石に名前を書いたものを適当に配置します。そこに座って食べてくれという意味のようです。なので、自分の名前を毎回探しました。

値段も安くてお得、食事も悪くない、こんなツアー会社の情報は
↓この電子書籍 にのってます!

 

IMG_5073
私が利用した旅行会社では、一番安いエアコン付きツインの部屋に宿泊しました。ここは、普通に泊まると一泊70RM(2100円)です。

IMG_5069
ベッドはこんな感じで、サイズも問題ありませんし南京虫などもいません。清潔です。エアコンも問題なく動いていました。
IMG_5071
温水もちゃんと出ました。
IMG_5072
ただ、洗面台の水道管が壊れていて、水を流すとそのまま漏れ出てくるというのがアレでしたが、まぁしかたありません。トイレットペーパー、石鹸、タオル、お湯で溶くコーヒーや紅茶も付いていました。

全然問題ないというのが感想です。会社の日本人の同僚と一緒にいったのですが、一応これなら問題ないと同僚も言っていました。日本人旅行者としても、一応はOKと思えるレベルの部屋だといってもいいと思います。

利用した旅行会社経由でいくと、値段はこんな感じになります。

①バス代+宿泊のみの2泊
→一人260RM(9000円) 

②バス代+宿泊 +食事は旅行会社と契約のレストラン+ツアー
→一人450RM(15000円)

ちなみに最安値で、エアコンなしのファンのみのドミトリー(二段ベッドが何個も一部屋にある感じの部屋)の場合

①バス代+宿泊のみの2泊
→一人160RM(5000円) 

②バス代+宿泊 +食事は旅行会社契約のレストラン+ツアー
→一人350RM(12000円)

となっています。一人旅でも、2泊3日の食事つきで12000円です!!

 ※利用した旅行会社では、ピークシーズンの7月1日~9月15日でも追加料金はかかりません。リゾートホテルなどでは追加料金がかかることもありますのでご注意ください。

ちなみに、もっと安い激安、一日10RM(300円)というのもあります。

ツアーの内容も含めて、詳しくは↓こちら!


 

Taman Negara Location
タマンネガラ国立公園(またはタマンヌガラ)といいますが、マレー語で国立公園の意味らしいです。

タマン=TAMAN=公園
ネガラ=NEGARA=国立

タマンネガラは西マレーシアのパハン州、クランタン州、トレンガヌ州の3州にまたがっていて、1億3500万年前からの熱帯雨林の原生林が残されている場所のことです。マレー半島の真ん中やや右にあります。

広さは4343k㎡。観光客の宿泊施設は川のそばに設置してあり、ボートで移動します。ジャングルにはゾウ、イノシシ、トラなどの野生動物がいるらしいですが、特にアジアゾウやマレータイガーは絶滅の危機に瀕しており、滅多に見る事はできないそうです。他にも様々な南国のジャングル特有の生物も生息しています。

気候は熱帯雨林気候です。高原らしいですが、気温は平均30度ほどで、はっきり言って日本の夏のほうが暑いです。「水曜どうでしょう」というTV番組で取り上げられたことがあり、その中で大泉洋が「熱い!」といって半そでシャツを着ていたのを思い出していただけるといいと思います。

ちなみに『水曜どうでしょう』(How do you like wednesday?)は、旅をメインとした北海道テレビ放送制作の手作り感満載ローカルバラエティ深夜番組です。内容は、大泉洋が行き先も知らずに様々な所に行くという企画です。約10年前に放送された番組ですが、口コミやインターネットなどでファンを拡大し、ジャングルの感じを映像で見られるので自分も行ってみたいかどうか迷っている人はこちらを観ることをおすすめします。
 
その大泉洋が、「もう一度行かなければならないとしたらどこが一番嫌か?」との問いに対して即答したのがこのタマンネガラのブンブンだそうです。ブンブンとは日本語で動物観察小屋のことで、例えばブンブンバラウ、またはブンブンクンバンという感じで中ば地名のようになっている感じです。大泉さんたちが行ったのは小屋といっても、ガラスもない廃墟のような小屋で、小屋というのも申し訳程度のものがジャングルに設置されたところでした。そこで何泊もしたようです。結果、上記のようにブンブンが嫌われたものと思われます。

日本人でタマンネガラに行く人は、大体がこの水曜どうでしょうに影響を受けて、聖地巡礼という感じでブンブンまで足を運ぶようです。しかし、軟弱な私自身はジャングルの小屋には行かず、ただのパッケージツアーで申し込み、エアコンの効いた快適なシャレーで夜をすごし、そこそこ美味しい食事を食べ、ジャングルツアーで楽しい時間を堪能できました。個人的には、それで充分だと思っています。

現地に滞在して色々なことを調べていくうちに、ふと感じたことがあります。

ガイドブックのタマンネガラの項目がものすごーく適当。

なかったら作るしかない、という感じで書きました。

目次 

なぜタマンネガラに行ったのか、タマンネガラの電子書籍を書こうと思ったのか 

1章)タマンネガラって、何?美味しいの? 
クアラルンプールで利用できる、タマンネガラ専門旅行会社とは? 
タマンネガラへのボートはどんな感じ? 
地球の歩き方にほとんど出ていないタマンネガラの対岸、クアラタハンの歩き方とは? 
タマンネガラで罰金30万円?怠ると怖い、大事な手続きとは? 
クアラタハンでお酒を飲める場所とは? 

2章)タマンネガラでアクティビティ!どんな珍しい南国特有の動植物が見つかる? 
キャノピーウォークってどんな感じ? 
ノマドな先住民の村を訪問できるって本当? 

3章)タマンネガラの宿情報を梅松竹で説明! 
梅ランクのムティアラ・タマン・ネガラってどんな感じ? 
松ランクのホテルはどうなのさ? 
竹ランクのゲストハウスはどんな感じ? 
私が泊まった宿への行き方は? 
番外編、激安宿はどんなのがあるの? 

まとめ・少しでも安く上げるコツと、旅行申し込みサンプルメール(英語)公開! 
あとがき 

広告1)マレーシアでの就職活動を検討している人におすすめの電子書籍とは? 
広告2)美味しいマレーシア料理を紹介している、マレーシア生活をまとめた電子書籍とは? 
広告3)南インドに関する電子書籍とは? 

いつもと比べて内容少な目なので102円にしました。
↓ よろしければどうぞ! 

このページのトップヘ