やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

カテゴリ:やのなのね通翻研究所 > 過去の海外通翻求人情報

37_money
シンガポールの求人で面白いものが。

①同じ日に出た募集
②同じ求人(多分)

なのに

①派遣会社によって説明の詳細内容が結構違う
②給料範囲が結構違う
③下手をすると職務内容説明の印象も変わる

とりあえず紹介します。まず一社目。


インテリジェンスアジア


【ポジションタイトル】 
Editorial Staff

【仕事内容】
日系有名メディアの編集業務を行って頂きます。
1)英語記事を日本語記事へ翻訳
2)日本語の文章を執筆し原稿作成
3)英語の記者会見を日本語に要約

【給与】
S$3,300~(ご経験により)
       
【応募資格】
1)英字新聞を読解し、日本語へ要約することが出来る方
2)翻訳経験の有る方
3)英語ビジネスレベル

【推薦ポイント】
英語力を活かせるポジションです。シティ、駅前のビルで通勤便利です。

続いて2社目

TEXSEAR(テクシアー)

【Job Responsibilities / 職務内容】
・主に翻訳業務
ニュースなど記事の翻訳 英→日。
・状況に応じて支局長のサポート(支局長の希望としては、サポートとしてインタビューを任せたり、取材もサポートしていただきたい)←状況により。

【Requirements /応募資格】
・TOEIC900以上
・文章の作成がうまい人
・翻訳経験者
・日本人男女、40代前半ぐらいまで
・ワークパスが取得が必要な方は大卒以上
・ニュース記事や本などの翻訳経験があると良い

【Salary・Job Compensation / 給与、その他待遇】
SGD3500~4000まで

という感じでした。両方読むとちょうど良いですね(笑)

純粋に求職者の視点で見たときにどちらから応募するか、と考えるとじゃあ

高いほうで・・・

となりそうですよね。ですが、ちょっと待ってください。

自分の 市場価値がどのくらいかを考えてみてください。もし、自分の価値が高いほうに(4000SGD目標?)見合うと思うなら、絶対そちらで出したほうがいいです。

ただ、もし自分の価値は 4000SGDはないけどこの仕事がどうしてもしたい、という感じならあえて安いほうでエントリーしてみるのも手かもしれません。平たく&悪く言えばダンピングですが、安めの自分と高めのほかの人を比べてどちらを採用するかは人事や採用の人が決めることです。「採用される」を第一目標にするなら、可能性を減らさない努力としてはありかもしれません。ただ、自信が無さ過ぎるのも良く思われないので、さじ加減が大事かもです。

大体派遣会社も月給~か月分といった感じで紹介料をもらうので、派遣会社的にも給料は多いほうがいいと思います。それと、大体は派遣会社から

「いくら欲しいですか?」

と聞かれます。もしFace to Faceなら

「職務内容と自分の経歴などからして~位かと思いますが、どうでしょうか?」

位は聞いてみてもいいと思います。その返事(表情や発言、空気)から妥当な額を探すというのが現実解です。ただ、海外就職は結構メールベースで話が進むことが多いので、そこは結局は自分で見極めるしかないかなぁという感じもします。

他のエントリーしている人の相場より自分のスペックが低い&給料希望が高いと、募集している会社の採用担当者に見てもらう前に派遣会社の書類審査で落ちます。募集企業の人にまず履歴書を送ってもらう事を優先するなら、セルフダンピングは戦略としてはありかもしれません。

とはいえ内定が決まってから

「他社だとこの給料だったので、これでお願いします。」

は、多分後だしジャンケンはなはだしいので辞めたほうが、とは思います。自分の相場と相手の相場を上手くすり合わせられないとお互い不幸になりますからね・・・

※あくまでも私の肌感覚の話です。人材派遣会社などを実際に経営している、または人材会社で仕事をしていた人でおかしいなぁと思う記述があると思われた場合、教えていただけると幸いです。

 e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s
何かと物価が高い(特に家賃)といわれるシンガポール。
通訳の中でもかなり高いスキルが求められる同時通訳ができると
どのくらい給料をもらえるのかを調べてみました。

たまたま今の時期に求人が重なっていたので紹介します。

①秘書業務込み、金融経験や資格など必要

【仕事内容】
- 日本人MDの会議通訳(周辺国への同行出張あり)
- スケジュール・アポイントメント管理
- 会議資料の翻訳(主に英語→日本語)
- メール、電話対応


給料が6500SGDとなっています。
円安の今、日本円換算すると月給で約58万円です。

ちなみにこの案件、ここ数ヶ月見つかっていないように見えます。
多分、相当困っているのでねらい目かもしれません。

②ローカルの飲食企業が日本に進出するサポート

【業務内容】
日本進出を狙うローカル企業において、日本進出に向けたプロジェクトに参加いただきます。
会議等での通訳(同時通訳レベル)を含み、プロジェクトの成否をかけた重要なポジションです。

【応募要件】
<必須>
・これまでプロの通訳家として活動してこられた方(国際会議等の重要な会議での同時通訳経験必須)
・業務スピードが速い環境の中で、業務の優先順位付けをしっかりと行い、マルチタスクをこなせる方
・出張同行やゲストのアテンドなどもあるため、柔軟にご対応いただける方


給料がUp to 7000SGDとなっています。
円安ですが日本円換算すると月給で約63万円です。

ただ、Up toなので最初からこの額になることは難しいと思います。
2割引き5500SGDでも 約50万円になります。

マレーシアの派遣会社の人に以前相談してみたところ、

「在マレーシアの日系企業の視点からみると、同時通訳が
できるレベルの人をマレーシアで雇えると思っていないので
市場が無い。なのでマレーシアでの相場も無いし、求人も無い。」 

といっていました。今のところ、東南アジアで
同時通訳レベルの募集があるのはシンガポールだけのようです。 

東南アジアの通訳翻訳労働市場動向をウォッチしていると、
こういったハイエンドの求人は年に数件しか無い印象です。
日本でこのレベルの仕事をしている人で、興味があれば
シンガポールで仕事をしてみるのもいいのではないでしょうか。

ちなみに私はまだまだこのレベルには手を上げられないので、これから頑張ります!!

IMG_5289
また、シンガポールで2件通訳翻訳関連の求人がありました。

ゲーム系翻訳、通訳業務(出張有り)

今仕事をしている会社がアニメですがゲームのムービーなども
作成しているため結構身近な気がします。

日本でもゲーム系のローカライズなどの案件は
よく通訳翻訳で見かけます。ある意味で、日本に戻るとしても
それなりに募集はある業界っぽいです。

アニメもそうですが、好き嫌いがあるので仕事とするには
人を選ぶ傾向があります。向かない人は本当に向かない職種ですが、
合えば天職かもしれません。買わなきゃハドソンですね。

② 大手リゾート施設で通訳兼Admin業務!!

こちらはリゾートという事ですが、ホテルとか何かでしょうか。
それなりに募集はある業界っぽいです。それも、企業タイプが
ローカル企業となっているので、外資の会社です。

外資の会社ですと、やはり労働環境などが日本とは違います。
インドでは飛び石連休の際には真ん中を有給で埋めても
誰も何も言わないし、有給はちゃんと使い切れるという当たり前な
すばらしい環境でした(今も合弁企業なのでかなりそうですが) 。

日系企業が合わないという場合はおすすめかもしれません。 

78_header
「マレーシアで日英の通訳や翻訳の仕事があるんですか?」

とよく聞かれます。乱暴な返事としては

「あるといえばあるけど、ないといえばない」 

という感じです。 すこし正確に言うと

「ゼロではないけど少ない」 

になります。実際にマレーシアで通訳・翻訳の就職活動をしての感想は

①同業のライバルは日本人ではなく日本の大学などで勉強したマレーシア人なので、
 給料が現地の相場となる。結果、相対的に日本人からすると割りに合わない数字となりがち。

②通訳・翻訳を希望する人があまりいないので、別の職種(事務・秘書など)を
 希望していた人が通訳翻訳として採用されることがとても良くある。

③通訳・翻訳が付くのは現地法人のエグゼクティブや日本からの
  出張者対応なので、採用や経営、運営に関連する会議に出ることになる

となります。日本でエグゼクティブ対応をする通訳はかなりの経験者でないと 
あまりアサインされませんが、海外なので最初からバンバン大きな仕事が来ます。
今日見つけた求人は日系食品製造業 で社長秘書募集です。

これを

「安い給料で搾取」とみるのか「市場評価以上の仕事をして価値をあげるチャンス」 

と見るかはそれぞれの判断だと思います。

デザート
日本で通訳翻訳の仕事を待つのなら、海外に出たほうが競争率低い。
こんな感じで待たなくてもすみますよ。

シンガポールでアドミン込み通訳翻訳の仕事のみならず、
金融系の通訳翻訳専属ポジションがあります。

日系大手金融会社 秘書、翻訳、アシスタントポジション ~$5500

業務内容に翻訳とは書いてありませんがタイトルにあるので
多分あるのだと思います。ちなみに、最高の給料5500SGDは、
月給44万円で、年間で約500万円です。ただ、
シンガポールは住居費が高いのでシェアハウスでも月に10万円は
使うのを覚悟しておいてください。

日系大手:秘書ポジション

日英の翻訳が仕事に入っています。
こちらは4000SGDで月に約32万円。

豊富な語学力を生かしたい方へ 大手日系企業にて就労のチャンス!

最後がこちら、日本の金融機関で通訳翻訳の専属ポジションです。
金融系の業界経験を積むことができそうなので、狙っている人には
チャンスだと思われます。

日本で金融系のバックグラウンドがない人は、
いきなり金融で通訳翻訳をするのは相当難しいです。

しかしそれも競争率が低い海外なら可能かもしれません。
列に並ぶ人が少なければそれだけマッチングの率は上がります。
(といっても未経験では厳しいかもしれませんが・・・)

この求人はすべてほぼ過去1週間以内に出たものなので
今からエントリーしても多分間に合うと思います。

特に金融の通訳翻訳専属ポジションは7月18日付けで
まだまだフレッシュな案件(?)なため、かなりおすすめです。

このページのトップヘ