やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

カテゴリ:クアラルンプール現地採用生活記 > マレーシアで色々やってみた事

画像 3086
↑この写真は、タイのコンビニで撮影したものです。
これがなんと、マレーシアのイオンでも↓販売されていました!!
画像 2665
マレーシアだと約75円と若干タイより高め。
他にも、Pokkaさんの製品が続々入ってます。
画像 2666
こんな感じや
画像 2667
こんな感じで約90円。日本の100円Shopとほぼ変わらぬお値段。
画像 2668
1.5Lだと徳用で150円ほど。ちなみにウーロン茶は砂糖ぬきです。
他にも、Dorinkuという会社が砂糖ぬきウーロン茶出してます。
画像 2662
なぜにローマ字?
画像 2659
そしてアジア名物の間違った日本語。
ウーロン茶ではなく
ウ l ロン茶になってます。仕方ない、頑張れ!!
画像 2660
なのに、この天然ポリフェノールを含有とかは何故か以上に正しい日本語
(多分類似商品の表示をパクッたのではないかというレベル。)

他にも、緑茶蜂蜜入りもあります。
画像 2658
日本語はアレですが。
画像 2664
そして
画像 2663
ハラールは承認された、と。
うーん・・・なるほど・・・

もう一つ面白いのが
画像 2669
梨ジュースです。
画像 2670
気になって買って飲んでみました。
画像 2671
このImported flavour from Japanっていうのは
「日本から輸入された香料」
という意味なのだと思う、個人的に。多分、果汁0%に近い。
画像 2672
日本から輸入される最高品質の「香料」という感じ。 
梨ジュースとしては意外とおいしい。でも、果汁は多分0%に近い。
きっと日本から梨を輸入して絞ってないと思います。
画像 2673
とまぁ、日系企業のみならず台湾の会社Dorinkuやタイのいちたん等が
ペットボトル飲料で東南アジアを目指しています。Pokkaさん頑張れ!

画像 2652
フォントにやる気が感じられません!

この冒頭にあるようなインパクトのある写真集を今日は公開します。
一言コメントもセットでどうぞ。

1)日本の某居酒屋チェーンのロゴに極めて似たマラッカのラーメン屋。
画像 2661

2)インパクトのあるTシャツ

①入れなかったのかな・・・
画像 2663

②なんでアトムなのにハングル?
画像 2662

③痛そうだね・・・
poo

3)そんなに誇らしげに言わないでよ・・・
画像 2657

4)それって何てシドニアの騎士・・・
画像 2656


5)大前さんの話は中国語にも翻訳。そういえばマレーシアの
政策立案に関わってたんだっけ。
画像 2655

6)惜しい!
画像 2659
ナッツなんだな、ココナッツなんだな。惜しい!裏をみると・・・
画像 2660
マレーシアの生産、なんだけど何か違う!

7)本気の店名なんだけど、なんか響きが色々アレ。
画像 2654

8)その英日対訳はOKだけどなんでグラスにその名前?
画像 2653

9)PとBは大きな違いがあります。
画像 2651
ホウキのことね、一応。
画像 2650

10)これ、地味に好き。
画像 2649

11)長いよ!
画像 2648

12)切羽詰って売りに出したような響きだね。
画像 2658

おあとがよろしいようで・・・

画像 2655
知り合いに誘われて芸術鑑賞なんてしてみました。
思いっきり爆睡してしまったのでそれは置いておいて、
近くにあったところが面白かったのでそちらを記事にします。
画像 2647
 マレーシアのクアラルンプールにコイセンターがあって、
鯉を売っていました。それも値段がすごいことになっている。
画像 2648
このへんがなんと
画像 2649

一番高い鯉だと45,000RM

(約135万円)

マジか。

まあ、でも高いのもちょっとわかります。
設備はかなりちゃんとしていますし。
画像 2656
ちょっと安いのでも
画像 2653
お値段は
画像 2652
約2万円。ちょっと、これマジでその価値あるの?
と思われた方、クアラルンプールをナメたらいかんです。
画像 2658
日本の錦鯉振興会(そんな組織があると知りませんでしたが)の関係みたいです。
それも国魚とかかいてあるけど、みなさん日本の国魚は錦鯉ですよ!
でも、↑このリンクにあるように家族ぐるみでの趣味なんですね、海外では。
画像 2663
日本から、プロの人がこられているようです。
画像 2662
日本でも受賞歴のあるかたとか。
画像 2661
そういう人が技術を持ってきたようです。
画像 2657
こんな感じで本格的(というかガチ)な養殖場です。

ちなみに、じゃあ売れてるか?というと正直な所わかりません。
(大きくなっているのは売れないで残ってるから?)
ですが、インドネシアの金持ちが趣味で買いまくっている
という噂も聞いた事があるので、マレーシアでも中華系の
金持ちが遊びで買う可能性もあります。

 ちなみに、ウチの会社の社長も、以前リアルに高級錦鯉を
買ったそうです。しかし、出張から 帰ってみると

コイがジャンプして水辺に上がって死んでた

らしいです。感想としては、

コイはもういいわ。

との事らしいです。ジャンプしない(?)で勝手に育って
値段が上がるコイの品種改良が求められますな。
画像 2651
ちなみに日本だと何百万するらしいです。
マレーシア人の数年分の年収がとびますね。

頑張って、売れて欲しい。 日本でリタイアした年金生活の方、 
趣味にいかがでしょうか? 

画像 993
ペイントボールってご存知ですか?

いわゆるサバゲー(サバイバルゲーム)
みたいな感じです。分かりやすく説明すると
画像 998
こんな格好の人が
画像 996
こんな物を
画像 995
こんな物にこめて的を射つと
画像 1000
こうなるから、それを人にむけて射とう!
画像 1001
というゲームです。それも大人数でやります。
画像 987
ペイントボール世界大会とかあるみたいです。
雰囲気はまさしく野営地?
画像 988
なんか、空気が違う。
画像 989
あいつらはガチだ。
画像 999
なんか、動きもガチだ。
画像 998
そして駐車場にはBMWとか日本の自動車メーカーの
車が。なんか金持ちそうなオーラが。

といっても、このアーミー系の服を来た人は別な集団です。
私たちはひ弱なアニメ系のクリエータ&通訳で
合計14人で「お遊び」に行ってきました。
画像 991
人生初のペイントボールですが、ここの会場では空気圧などを
調節してくれてあり、あまり痛くないようにしてくれているようです。 
といっても、あたったら結構痛かったです・・・
画像 983
こんな感じで服に色がつきます。
画像 982
Tシャツはもっとすごいことになっていたのですが、
写真を撮り忘れました、残念。

日本の経験者からの情報では、日本では一日かかりの長期戦で
するらしいのですが、今回はあまりフィールドが広くないので
20分もしないうちにバンバン終わりますので、とても回転が早い。
(でも、前回はクリエーター集団も森の中でほふく前進しながらやったそうです。)

私も最初の何ゲームかでは撃たれてばかりだったのですが
慣れてくると相手を撃てる様もなったり、果敢に前線に
切り込んで背後から相手を狙ったりといった感じで結構
活躍出来ました。フラッグ戦では中央の旗をとれたし。

楽しい!

けど戦争は良くないわ、まじで。戦場ではどこから
玉が飛んでくるかわからないし、あたったら人生アウト。
まぁ、会社でも企業経営でも似たようなものだとかいう
厳しい意見もあるかもですが、極めて当たり前の感想かなと。

撃たれたら、人の体は痛い。

でも、感想としては、超楽しかったです!
「次回も誘ってくれ!」とお願いしておきました。 

ちなみに値段はレンタル料など込で一人
100RM(3000円)で、缶ジュース一本セットでした。
日本だと倍位するそうです。全然問題ない値段。

そして終わったあとには一緒に参加した駐在の人と
近くの讃岐うどんやに直行&食事。
画像 983
京都風のだしがきいてる。超美味しい。
讃岐うどんってこんなに深みのある味だったんだ・・・
一本一本味わって食べました。
画像 984
天丼セット。こっちも日本と遜色なし。
画像 982
もはやここがどこなのかわからなくなる
画像 985
ちなみに天丼セットで20RM(600円)位です。
 また行きます。超美味しかった。

そうそう、
画像 982
これ観ちゃった。その内、時間ある時に覚えていたら感想を書きます。 

画像 972
KLCCのLRTを降りて、Suria KLCCに歩いていくと↑突然こんなものが。

なぜ牛さん?
画像 973
ちなみに、この外見で、定期的に

も〜

という牛の声が再生されます。この店の商品は
画像 969
フローズンヨーグルトです。結構美味い。現地版ぐるなびでの
評価は☆3.5位。フレッシュミルク100%で作ったヘルシーさが
売りとの事。値段は8RM(240円)位したと思います。
マクドナルドのソフトクリームが1RM(30円)と比べると
若干強気の価格設定、大丈夫だろうか。

カップで買ったりしてトッピングも追加出来てしまいます。
画像 975
コーンフレークとかのみならず
画像 976
色々トッピングも充実。例えば
画像 977
オートミールや乾燥アプリコット
画像 978
乾燥クランベリーやプルーンといった体によさそうなものから
画像 979
チョコチップやストロベリー
画像 980
砕いたオレオやピーチジャムなど甘い系も充実
画像 981
ハーシーズのチョコソースなどなど。

Facebookページによると他のショッピングモールなどにも
進出しているようで、結構頑張っているみたいです。

問題はコンスタントに売れてるかなのですが、どうなのかなぁ。
と思ったら結構SNSを使ったMooCow広告を展開しています。
さらにマスコットキャラクターを使ったSNS写真展開による広告
窓まぎ

そして実店舗での迫力のある牛さん
画像 974
一緒に写真を撮りたがる子供続出。
画像 970
結構美味しかったので、個人的には頑張って欲しいです。

ただ、高価格は仕方ない面も。

マレーシアは気温が高いので、牛乳があまり出ないという噂も。
キャメロンハイランドなど高地ではその辺は大丈夫みたいですが、
気温などの兼ね合いもあって生産が少ない分価格も高いとか。

100%フレッシュな牛乳だとそのあたりを考えると難しいのでしょうね
RMとかだとちょっと高いなぁというのが印象なので、そのあたりで
粘れるかどうかですね。

「カワイイ」 「マスコットキャラ」 「ヘルシー」「高品質」

という、ある意味でJapanブランドのお家芸をそのまま
トレースしたマレーシアローカルブランドという感じが印象的。

値段がもう少し安いといいなぁ・・・

このページのトップヘ