やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

カテゴリ: クアラルンプール現地採用生活記

IMG_4719
すき屋も少しづつ客が増えてきた、かのように見えました。
しかし、実は最近、ご近所に強力なライバルが現れました。

Mix Riceです!ミックスライスとは、白米に食べたいおかずを
自分で盛って、係りの人に見せて会計後に食べるというシステム。

このお店、なんと「80種類以上」のおかずを用意すると
宣言しています。80種類あれば、自分が食べたいなぁと
思うものと出会う確率も上がります。実際、私自身も週に
2回は行ってしまっています。そして 毎回違うものを食べています。
IMG_4718
そんな近隣の飲食店泣かせな店が隣の隣にできました。

すき家ピーンチ!

ちなみに80種類がどんな感じか想像できない方も
いると思うので、理解できるように写真を用意しました。
IMG_4722
こんな感じのところで、ご飯をまずお皿またはテイクアウト用の
プラスチック容器に入れてもらいます。そこにあるおかずから、
好きなだけ選んでOKです。

IMG_4723
4種類でも5種類でも好きにもれますが、大体は種類が増えると
それぞれの量が少しでも値段が上がります。とった分だけ値段が
あがるシステムなので、みんな2-3品くらいのおかずを盛ります。
IMG_4721
圧巻、の一言です。端から端まで行くと、最初にあったものを忘れます。
この店の魅力は、おかずの豊富さだけではありません。なんと・・・
IMG_4720
Free Soupとあるように、スープも無料です。店内に大きな寸胴鍋があり、
そこから好きにとっていいことになっています。 
IMG_4724
ぶた肉炒め物+野菜炒め2種で合計3種盛り合わせ。
無料のスープと冷たい中国茶(これは50セント、約15円)
IMG_4725
 ご飯6.5+お茶0.5で合計7RM(210円)。

これを迎え撃つすき家のメニューはキムチ牛丼でほぼ11RM(330円)
 IMG_4504
ねぎたま牛丼ほぼ12RM(360円)
IMG_4485
チーズ牛丼で11RM(330円)
IMG_4438
個人的にはねぎ玉がかなり好きですが、どうでしょうか。
それほど客は減っていないようにも見えますが、
徐々にボディーブローのように効いてこないか心配です。

問題は、

「ここのところずっといっていなかったし、すき家いこうかなぁ」

って思って近くまできたのに、気がついたらMix Riceに足が向いている、
そしておかずを盛っている自分がいる。この驚愕の事実。

来週中に、一回はすき家でねぎたまを食べます(公約)。
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4536
マレーシアに来て、お土産に困っている方も結構いるはずです。

ドリアンチップス&ドリアンチョコなどは、正直な所
多くの日本人の舌には合わないんですよね。

職場に持っていこうものなら朝鮮人参系のお菓子と
同格の扱いを受けて、大掃除で「もういいよね」で処分。
または、忘年会の罰ゲームで食べさせられる位になります。

日本への肉製品持込が一切禁止となったので、
チャイナタウンで売っているジャーキー系なども×です。

セントラルマーケットで売っているなまこ石鹸
最近はメジャーですが、一人一個は大変。

そんななか、私のお勧めを紹介します。 トップの写真にあるように、
グァヴァ、ライチ、マンゴーの飴です。
IMG_4539
グァヴァは中に地味にすっぱいのが入っていて、
病み付きになる味です。(それぞれに中にすっぱいのが
入ってますが、これが一番インパクトがあっておいしい)
IMG_4538
楊貴妃がこよなく愛したといわれるライチは、味や風味が
かなり果物に近いです。南国の太陽を感じられる味です。
IMG_4537
万人受けするマンゴーの素材の味が、ちゃんと出ています。
なんだかんだで日本人も大好きなマンゴーです。
IMG_4536
で、この3個に共通する

「日本の風味」

という表示。日本人からすると

1)日本の風味というより南国の風味である
2)日本ではあまり採れない果物ばかりで日本の風味ではない
3)日本の風味だけど、隠し切れないメイド・イン・マレーシア

と、つっこみどころが満載なのですが、
おいしい上に安い(一袋80円ほど) です。

購入方法ですが、イオンなどのお菓子売り場に並んでます。
視察やら観光の合間にガバッと買えるし、重くない、
そんなにかさばらないし、数が多いからばら撒けるので
会社などでのお土産にとても便利です。

デスクワークで疲れた脳に糖分を補給してもらいたい、
日本でも南国の香りを体験してほしい、そんな願いを
込めて3点セットを買って日本に持っていくと、
確実にドリアン系を買っていくよりも喜ばれます。 

「おすすめもわかるけど、もちっとしっかりしたのが良い」 

と思われるかもですが、安全牌ということで・・・ 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Top

インドで就職以来、ラップトップは、DELLのVostro3500を使用してきました。
そしてOSがWindowsXPでした。(7→XPにダウングレードして使用)

そしたら、
 
サポート終了のWindowsXPを使い続ける企業は
社会モラル意識が無い企業である

なんていうサイトを発見。
 
「あー、めんどくさいけど、対応しておいたほうが無難だなぁ」

と感じ、周りに迷惑はかけられないという日本人的な考えで
どうにかしないとなぁと思い至ったわけです。

いっそ買い換えようかなーとも思いました。でも、できなかった。

インド時代から雨の日も風の日も、病める日にも健やかなる日にも
このPCが一緒にいました。電子書籍を書くときも、ネパールに行って
犬にかまれて日本の家族に連絡を取る際にも、このPCが一緒にいました。
そんなPCを簡単に乗り換えるわけにはいかない!(無駄な出費は抑えたい)

というわけでいろいろWebで調べたところ
インド時代にラップトップの箱を捨ててきてしまったので 
リカバリーディスクとかがないことが判明。

さらに新規にWindows7をインストールも必要そう。
いくらくらいだろう・・・Windows7のインストールでも
15000円はするだろうしなぁ・・・どうだろう。

やばい、社会モラルとか無視でXPと心中しようかな・・・

などと考えつつも、たまたまKLの中心地Imbi駅周辺を
ブログのネタ探しに歩いていたらDELL製品も扱っている店で
DELL の制服を着た店員がいる店を発見。

聞いてみたところ

「PCもってくれば、コミコミ350RM(約12000円)でOK」

といわれたのでまぁ、その位ならいいかなぁと思い翌日PCを持っていきました。
そしたら翌日、そこの店に行く途中にもう一軒DELLさんの店を発見。
IMG_4463
DELL製品しか扱ってない店だった。

昨日の店を探すのも面倒だしここでいいかなぁと思い、
とりあえず状況を説明してみる。すると

90RM(約2700円)でできるよ」 

 とのこと。え、なんで?

同じショッピングセンター内で、二人ともDELLの販売員の
制服着てるのに なんで見積もりが4倍くらい違うの?と思いながらも、
向こうの気が変わらないうちに作業を始めてもらいました。

更に、浮いたお金を利用して、 電池も買い換えました。
インドでは毎日停電していたので徐々にパワーが弱まり、
最近では30分しか持たないという情けない感じに・・・
そのうちウルトラマンと競るのではないかと思っていました。
これを買い換えるのに費用が190RM(約5700円)。

Windows7とバッテリー交換合計で280RM(約8500円)!

ただ、副作用もありました。上記のYahoo知恵袋では

①プロダクトキーを表示させofficeのプロダクトキーを使用して有料でバックアップディスクを注文
②windows7のディスクはdellに再注文するなりして入手

と、2つの購入が必要だと説明しています。
この説明は、実は先に行った量販店系の店で受けた説明と同じです。
そしてそこでは350RMという見積もりでした。

それに対し、DELL直営店では私が一言付け加えました。

「もう必要なデータのバックアップとか取ってるから、フォーマットしてOKっすよ」 

バックアップといっても、必要な写真などをフラッシュメモリーに移しただけですが。
そしたら、OSは英語版が入って戻ってきました。

これ、フォーマットなのかな?再インストールじゃないかな?

ちなみに英語版の入力システムだと、@の位置が違ったりします。
ですので海外のネットカフェで日本人は@難民になるのです。

「@がない・・・メールが送れない・・・どうしよう・・・」

と、ネカフェで困っている人の横で、
(旅先でも変わらずTwitterをしながら)

「お嬢さん・・・@を入力するのは2のシフトですよ」

と、隣に座った日本人に日本語で教えてあげる私。
@難民になっている日本人に射す一筋の光。もうね、
カリオストロのエンディングに近い状態なわけですよ。

とまぁ、一応私は英語OSでも問題はありません。多少、
()のキーや「」の位置がずれていたりしますが、
動いて使えれば、いいじゃん。OKOK。

いや・・・でもおかしくね?フォーマットで済むの?済まないよね?
フォーマット&7などのインストールじゃ?(しつこい)

個人的には多分後者の作業をしているのではないかと思っています。
DELLのお兄さんが怒られてるかもしれませんが、私のPCは元気です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像 3086
↑この写真は、タイのコンビニで撮影したものです。
これがなんと、マレーシアのイオンでも↓販売されていました!!
画像 2665
マレーシアだと約75円と若干タイより高め。
他にも、Pokkaさんの製品が続々入ってます。
画像 2666
こんな感じや
画像 2667
こんな感じで約90円。日本の100円Shopとほぼ変わらぬお値段。
画像 2668
1.5Lだと徳用で150円ほど。ちなみにウーロン茶は砂糖ぬきです。
他にも、Dorinkuという会社が砂糖ぬきウーロン茶出してます。
画像 2662
なぜにローマ字?
画像 2659
そしてアジア名物の間違った日本語。
ウーロン茶ではなく
ウ l ロン茶になってます。仕方ない、頑張れ!!
画像 2660
なのに、この天然ポリフェノールを含有とかは何故か以上に正しい日本語
(多分類似商品の表示をパクッたのではないかというレベル。)

他にも、緑茶蜂蜜入りもあります。
画像 2658
日本語はアレですが。
画像 2664
そして
画像 2663
ハラールは承認された、と。
うーん・・・なるほど・・・

もう一つ面白いのが
画像 2669
梨ジュースです。
画像 2670
気になって買って飲んでみました。
画像 2671
このImported flavour from Japanっていうのは
「日本から輸入された香料」
という意味なのだと思う、個人的に。多分、果汁0%に近い。
画像 2672
日本から輸入される最高品質の「香料」という感じ。 
梨ジュースとしては意外とおいしい。でも、果汁は多分0%に近い。
きっと日本から梨を輸入して絞ってないと思います。
画像 2673
とまぁ、日系企業のみならず台湾の会社Dorinkuやタイのいちたん等が
ペットボトル飲料で東南アジアを目指しています。Pokkaさん頑張れ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

after
↑最近のヘイズ
↓平時の様子
before
(この写真は転載です)
転載元:花粉+PM2.5(日本) vs ヘイズ(マレーシア)

この転載元のKL時々東京のブログの方も書いているように、
インドネシアでの焼畑由来の煙が「ヘイズ」としてまた来ております。
ここのところ1-2週間くらい居座っています。

昨日は雨が降ったので空もそこそこ見えていました。
洗濯は今!と思って夜に干したところ、

「俺様がそんな簡単に負けると思ったか?」

といわんばかりの翌朝のヘイズ様の頑張りっぷり。

参るわー。

とはいえ、昨年と比べるとまだマシです。
マレーシアの環境庁がどれだけ体に悪いかを
リリースしているデータがあります。

これが今日のデータ。
ヘイズ2
青がOK
緑がチョイ悪
黄が不健康
橙がとても不健康
赤は危機的レベルでヤバイ

位に考えておいてください。おいおい、あれで緑なのかYo!
という突っ込みを入れたくなります。
実は50%くらいOFFなんじゃないかと思うレベルです。

ちなみに昨年 の6月23日はこんな感じ。
去年
明らかに三原色で言うと赤が頑張りを見せてます。
私が住んでいるぺタリンジャヤは緑。チョイ悪級です。 
ヘイズ
ヘイズ様が一日もはやくマレーシア滞在に飽きてくれればと思うばかりです。 
緑でも結構体に悪そうだ・・・ 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ