sidonia seasontwo
先週に引き続き、2話を観ました。
OPの歌がもう慣れて来て、かなり良い感じで入り込めてます。

ネットでコメント入りとかで観てみると、地味に面白いです。
以下、面白い突っ込みやどうなのこれというのを一部引用

①相変わらずモブキャラ(その辺の人)に冷たいアニメ
 →人が死ぬ事でガウナの力を表すので仕方ないですよね・・・

②クナト開発は零細企業
 →受付とか、取り次ぐ人もいないでのりおさんともずくさんの2人でやってるぽい。

③アニメーション・表情が細かい
 →アニメーション担当が、エンドロールでも分かるように
  かなりマレーシア人が入ってるのですが違和感ほとんどないですよね。
  作ってるときに、横で見てて楽しくな、同時に凄いなぁと本当に思いました。
  つむぎの動きが特に良い。

④クナトがユレ博士(イザナのおばあちゃん)を「この娘」っていってたけどいくつだよ
 →百才超えてるんだろうけど、娘って・・・

⑤「百年前の悲劇」のおじさんがアニメ業界のあの人っぽい
 →言われてネタが分かった。その内復帰しそうなあの人。

⑥心臓をブチ抜かれたら死ぬぞ
 →クナトが死ぬんだと思う・・・

これからもつむぎさんの可愛さを楽しみにしています!