sidonia seasontwo
ついにはじまりました、シドニアのシーズン2!

山賊の娘ローニャに引き続き、ポリゴンが手がけた作品を毎週みています。
第一話を観た人からのTwitterなどでの評価は概ね好評ですが、
私も本当に楽しく見られてます。これから3ヶ月とても楽しみです。

第一話でまずはOP・EDが物議をかもしていますが
個人的には「OPは」好きです。今日は一日中頭の中で

オー ナイツ×3 オブ シドニア ア ア

がリピート再生していました。OPは好きです。

あとOPは、最初に登場人物が一通り出ますが
ゆっくり見ていくと見慣れない人が最後の方にチラッと出ますね。
他にも、OPで使われている画一枚一枚じっくり見ていくと面白い。
先先にどんな話になるか、あれが誰なのか、セットが
何に使われるのか、などは原作を読んだ人は分かるでしょうね・・・

あと、3Dアニメと仕事で関わったのでシーンの裏を考えてしまいます。

なんといっても一番印象的なのは、バトルのカメラワークですね。
いかにかっこよく戦闘シーンをみせるか、という所が更に良い感じに
磨かれています。出撃シーンとかも、カメラ目の前を通る感じが3Dですね。
色々なコメントなどで

「スカイクロラ的な」

というのを時々みますが、ポリゴンらしい感じがやはり表現されているのでしょうか。

あと地味に好きなのがユハタが司令室に走って入って来るシーンですね。
シーズン1では司令室でこういったシーンがなく、上半身アップお決まりの
アングルがとても多かったのですが、廊下から中に入ってくるユハタを
後ろからカメラが追いかける演出、あれも3Dセットの良さですね。私は好きです。

また、3Dではないですがディスプレーが良い仕事をしてますよねー。
ガウナのミルフィーユ加減が一目で分かるというか、
あれ逆に線だけで表現されても分かりにくいですからね。

と、3Dアニメをかじったフリをしながら観想を書いていきたいと思います。
観ていない人は完全においていかれますが、すみません。

来週のつむぎがとても楽しみです。

ちなみにEDでは私も名前出てますのでよろしくお願いします。