IMG_0032
シンガポールではリトルインディア近くに住んでいるので、南インドミールスを食べまくっています。ちなみに、スーパーサイズミーという映画では、マクドナルドのユーザーに関して定義があります。内容は以下の通り。

米マクドナルド社が「ヘビーユーザー」と定義する
「週に1回以上マクドナルドに足を運ぶ客」は客全体の7割以上に上り、
さらに「スーパーヘビーユーザー」と定義する
「週に複数回来店する客」は客全体の4分の1近くになるらしい。


ちなみに、私が南インドカレーを食べる頻度は

週5回程

スーパーヘビーユーザーとしては一人前ですね!この頻度で南インドミールスを食べています。休日には一日2食とかしちゃってます(その場合はライスのおかわりを控えます)。

「インド料理を毎日食べている」というと、大体の人が

バターチキンカレー
ほうれん草のカレー
ナン

を毎日食べていると思っています。しかし、もちろんそんなことはありません。日本でインドカレーというと辛くてナンボで、ギー(牛の油)とかふんだんに使って、こってりしたものがあまりに主流になりすぎています。私も、こういうインド料理も好きですよ。しかし、私もそんな重たい食事を毎日できません。これは日本料理で言うところの

すき焼き

みたいなもので、毎日食べるものではありません。逆に、
IMG_0035
この写真に出ているように、ベジタリアンです。それも、ピュアベジって言うからには、本気のベジタリアン食です。大雑把に言うと、南インドのミールスは主に「米」「野菜」「スパイス」「ヨーグルト」 でできています。付け合せの野菜とカレー(というかスープ)やヨーグルトを、さまざまな配合で自分でブレンドして食べることで、口に運ぶ度に違った味を堪能できるわけです。

ちなみに南インドでは、基本こういったミールスは昼に作って売り切り終了なため、夜は別な物でないと食べられません。しかしリトルインディア近辺では、24H営業の南インド料理屋があって、しかもそこのミールスが美味しいのです。というわけで、食べてしまいます。だから

 「インド料理を毎日のように食べる」

事が可能なのです。日本人が毎日米と味噌汁と漬物でも大丈夫なのと同じ感じです。

ちなみに本場南インドの味により近い、地元のインド系の人が好んで行きそうな店は、おかわり配布のために野菜やカレーを配る用意ができていたりします。
IMG_0031
またテーブルの上には鉄の水差し&コップがあります。
IMG_0030
こういうのを見ると、ちょっと本場の感じが増します。ちなみに今回行ったのは、Serangoon Roadにある
Sri Veeramakaliamman Templeの近くです。
IMG_0033
これの逆サイドにあります。
IMG_0034

店名:Suriya Restaurant Pte Ltd
住所:140 Serangoon Road Singapore 218041

ミールスの値段は5.5SGD(約500円)。

ここも「良い意味で普通」で、もっと美味しい店もたくさんあります。ただ、毎日食べても大丈夫な、素朴な美味しさというものを是非味わって欲しいなぁと思っています。 

マレーシア・シンガポールのミールス情報はこちら。
是非お求め下さい↓