e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s
何かと物価が高い(特に家賃)といわれるシンガポール。
通訳の中でもかなり高いスキルが求められる同時通訳ができると
どのくらい給料をもらえるのかを調べてみました。

たまたま今の時期に求人が重なっていたので紹介します。

①秘書業務込み、金融経験や資格など必要

【仕事内容】
- 日本人MDの会議通訳(周辺国への同行出張あり)
- スケジュール・アポイントメント管理
- 会議資料の翻訳(主に英語→日本語)
- メール、電話対応


給料が6500SGDとなっています。
円安の今、日本円換算すると月給で約58万円です。

ちなみにこの案件、ここ数ヶ月見つかっていないように見えます。
多分、相当困っているのでねらい目かもしれません。

②ローカルの飲食企業が日本に進出するサポート

【業務内容】
日本進出を狙うローカル企業において、日本進出に向けたプロジェクトに参加いただきます。
会議等での通訳(同時通訳レベル)を含み、プロジェクトの成否をかけた重要なポジションです。

【応募要件】
<必須>
・これまでプロの通訳家として活動してこられた方(国際会議等の重要な会議での同時通訳経験必須)
・業務スピードが速い環境の中で、業務の優先順位付けをしっかりと行い、マルチタスクをこなせる方
・出張同行やゲストのアテンドなどもあるため、柔軟にご対応いただける方


給料がUp to 7000SGDとなっています。
円安ですが日本円換算すると月給で約63万円です。

ただ、Up toなので最初からこの額になることは難しいと思います。
2割引き5500SGDでも 約50万円になります。

マレーシアの派遣会社の人に以前相談してみたところ、

「在マレーシアの日系企業の視点からみると、同時通訳が
できるレベルの人をマレーシアで雇えると思っていないので
市場が無い。なのでマレーシアでの相場も無いし、求人も無い。」 

といっていました。今のところ、東南アジアで
同時通訳レベルの募集があるのはシンガポールだけのようです。 

東南アジアの通訳翻訳労働市場動向をウォッチしていると、
こういったハイエンドの求人は年に数件しか無い印象です。
日本でこのレベルの仕事をしている人で、興味があれば
シンガポールで仕事をしてみるのもいいのではないでしょうか。

ちなみに私はまだまだこのレベルには手を上げられないので、これから頑張ります!!