IMG_5372
マレーシアは9月1日が祝日の振り替えでOFFなため、3連休でした。一か月前にそれに気がつき、何をしようか考えて久々にダイビングをしたくなりました。

ふと地球の歩き方を見ると、ラブアン島でダイビングをすると沈没船を見られるとの事。オープンウォーター(初心者向け講習)は以前タイで取っていたので、

面白そー

という事でいってきました。

埃をかぶっていたログブック(ダイバーが書くダイビングの記録本)によると、2009年くらいに 4本ダイビングをしてほぼ5年ぶりのダイブでした。

行く前にネットで調べたところ、ラブアン島でダイビングをした人の記事があったり、ラブアン島でダイビングできますという記事が結構あったので、 一か月前にエアアジアでチケットを購入、往復で15000円しました。
IMG_5370
ラブアン島についてまずはホテル探し。一泊85RM(2500円程)のそこそこのホテルを無事に見つけてダイブショップを探しました。

プーケットとかグアムとかダイビングで有名な所は、普通に業者が乱立しているイメージがあったので3-5軒まわって相見積もりして、値段と安全性などを検討して一軒いけばいいかなぁ位の気持ちだったのですが・・・ダイビングショップが街中にない。

一軒も見当たらない。

街中で目に付くのは、免税店(政府直轄地で、酒などが免税。ちなみに隠れた租税回避地)、
IMG_5407
レストラン
IMG_5409
飲み屋のみ。それも、
IMG_5411
お金にうるさい中華系対応の漢字の看板が多い。さすが中華系。

ツーリストインフォメーションにいったら

「ここにはダイビングショップは一軒しかない」

との事。さらにネットで探したところ、ロンリープラネット(英語版地球の歩き方みたいなもの)でも一軒しかないとの事。仕方ないのでそこに行くと、

「ミニマムで4人いないとツアーを開催しないので、一人12500円だから、5万円払えばツアー開催になります!! 」

などというありえない課金システム。さらに、

「ほら、マレーシアって建国記念日じゃん?インストラクターがアレンジできるか分からないんだよねー。でもって、何か今日は波が高いじゃん?アレンジできないかもー。」 

などといわれました。

ラブアン島で2泊3日いても、確実に半日で飽きる。というか、ただでさえ見るものが無い観光地でタクシーを駆使して名所(?)を回るのはお金と精神的にキツイ。(どうせ見るもの無いし

と、その時ダイバーショップの人が一言。

「コタキナバルなら、毎日開催しているんだけどねー」

というわけで、コタキナバル行きのフェリーを調べる。結果、一日2本しかない上に、すでにその日の便は出ていました。という事でコタキナバルは無理。他にもフェリーはブルネイにも出ていました。

ブルネイでダイビングはどう?と調べてみると、トリップアドバイザーで高評価のダイビングショップを発見。とり合えず電話をしてみる。

「24000円で二泊+ダイブ3本(ディープダイブ付きで、沈没船にもいける)」

とのこと。 これは行くしかない!と思ってフェリーの時間を調べると、35分後に出航!!ただ、もしかすると欠航とかの可能性もあるので、ネットサーフィンしていた店の近くにあったフェリー乗り場に直接いって聞いたところ、船は出るとの事。

ホテルへ歩きながら電話でブルネイのダイビングを正式予約して、ラブアンのホテルは一泊も泊まらずにキャンセル(これはサンクコストなのでしかたない)。ダッシュでブルネイ行きのフェリーに乗り込みました。

ちなみに、この上記のリサーチや意思決定を30分で行いました。そんなこんなでブルネイでダイビングをすることになりました~。