coin
旅行先で日本円の小銭がジャラジャラあるの、面倒じゃないですか?

しかし海外では500円玉分のお金で一泊分のホテル代になることもあります。
インドでは100円でご飯を食べてお茶まで飲めます。

小銭も、日本円だと馬鹿にできません。

では、どうやって小銭を空港に行くまでに有意義に使い切るか?

今回の一時帰国では、家を出た際に1800円位小銭があったのですが
フライトまでに1円を残して小銭をすべて使い切りました。そのコツを共有します。

①1円・5円は両替、または事前に家に置いていく

とにかく自販機などで使用できないので持たないようにしましょう。
出先の場合はキオスクなどで両替してもらって10円玉にしてもOKです。

②とりあえず電子マネー化する

1000円以上小銭がある場合は、駅の自動販売機でチャージ しましょう。
1000円単位でしかチャージできませんが、小銭は何枚入れてもOKです。
10円玉や50円玉をできるだけ多めに使いましょう。

③小銭で切符を購入する

小銭が1000円以内になったら、空港までの移動は
面倒ですが切符を買いましょう。ここでPASMOなどを
使ってはチャージした意味が半減します。

この際に大事なのは、目的地まで十分な小銭がなくても
途中までの切符を購入する点です。空港最寄り駅で
電子マネーで清算をすれば、小銭を使い切れます。

10円単位になったら、公衆電話

携帯があれば不要ですが、長期旅行などで
日本の携帯を止めている場合などに有効です。
大事な人への電話をお忘れなく!! 

こうやって、私は1円を残してすべて小銭を使い切りました。
皆さんも海外に行く際には賢く小銭を利用して、
ジャラジャラ小銭を持つストレスから開放されましょう!!