マレーシア電子書籍表紙仕様書_修正

2012年の統計で、マレーシアの世帯平均月収は、
大体15~20万円ほどです。

マレーシア就職で内定をもらってから契約まで時間に余裕ができましたので、
ここでの生活がどうすれば快適になるか、色々調べました。
マレーシアで現地採用生活を普通にする人は、
給料が月給5000RM(約15万円)位だそうです。

私としては、この金額と物価から試算してみて、

「色々厳しいなぁ、もう少し貯金をしたいなぁ」

が正直な感想でした。更に、税金の支払いなども
一年目は多いため、知り合いも苦労していました。

インドを含め海外での生活経験と自分なりの調査などによって工夫を重ねた結果、
私は多分普通のマレーシア就職をしている人と違った生活スタイルを選択、
再度試算をしてみました。

すると、ミニマムの支出でも数万円の貯金が残るようになりました。
どうやって現地採用の給料で一応貯金ができるレベルにもって行ったのか、
そのコツを共有したいと思います。

①クアラルンプールで必需品といわれるものをやめた
②アパートをルームシェアにする

クアラルンプールでは、大体3LDKのユニットを一人で借りた場合、古いタイプのもので5〜7万円位、価格帯が上がると8万円位です。インドではそれくらいの物件が2万円でしたが、さすがにクアラルンプールでは無理。なので、私はシェアアパートに住む事にしました。 

中華系マレー人のカップル(1部屋)
中華系マレー人兄弟(ちいさな2部屋)

の人たちとルームシェアです。私には8畳の部屋が一つ
画像 966
別の角度から。


 画像 967
荷物は、前の居住者の物です。(エアコンは入ってます。)他にも共用の電化製品は一通りあります。

冷蔵庫
画像 968
洗濯機
画像 969
などをシェアにして、月に大体2万円以下です。トイレはもちろん水洗でシャワーは温水も出ます。

更に、入居しているのがコンドミニアムなので、敷地内にプールやジム、更にカフェなどもあり食事も出来ます。
画像 970
小さな商店もあるので、ちょっとした買い物はそこで済ませられます。 このように、敷地をでなくても一応生活できる様に設計されているコンドミニアムを徹底利用しています。欧米系の家族を何組か目撃しましたが、アフリカ系、インド系、など様々な背景の人が住んでおり、地味にコスモポリタンだったりします。

家ではインターネットは64Mbpsほどの物を共用しています。公共料金も公平に分けて計算します。

ただこれを準備する為には、ウェブサイトで手頃な価格の、ロケーションがいいコンドミニアムにある空き部屋を探す必要があります。そして大家に連絡、内覧して英文契約書は自分で作成して、といった作業を経ています。

最悪仕事から帰宅したら家にある物がごっそり取られていた、なんていう事が起きてもまぁ仕方ないか、という気持ちもあります。アパートのシェアは安全性で問題があるのは事実ですが、イギリスのフラットやシンガポールのルームシェアならOKでマレーシアはダメ、というのは私には説得力がありません。だから全く問題ないと思っています。(これも完璧ではないし、問題もないわけではないです。悪い話も聞きます。しかし、この値段なら満足です)

件の友人からすると、ルームシェアも驚きだったようでした。私のアパートが古いので新しいところに移る事を激しくすすめられました。

「新しいモノが善で、古い物が悪という訳ではない。古くても居住空間がしっかりしてればOKでは?」

と言ったら

「新しきは善!」 

といわれました・・・

③食であまり贅沢をしない

屋台で食べれば一食150〜200円の物がモールなどちょっと格上の所で食べるとすぐに2-3倍払う事になってしまいます。日本食は日本値段なので若干割高です。あえて頻繁に食べなくても生きていけるなぁというのが感想です。なので、自分の食費を落としつつ美味しいものを食べられる様に工夫する事が必要だと思っています。 

自炊は、一人だとしてもコストカットにはあまりつながらない印象です。
マレーシア電子書籍 (5)
が、色々なものの値段を共有しておきます。
まずは食材、他にも色々な物の値段を紹介しています。
マレーシア国内で作れるものだと、日本と比較しても結構安い物が多いです。

引き締める所は引き締めて使うところは使う、といったメリハリをつける事
で削減をしています。こういった優先順位付けや選択と集中によって、
自分の生活にはかなり満足しています。

そんな情報が載っているのはこの電子書籍です!!


 
ご一緒に、去年出した就職活動&南インドカレー情報満載の本もいかがですか?
クアラルンプール街中にある、安くて良質なゲストハウス情報(一泊25RM(750円))
もありますので、よろしければどうぞ。