Top

インドで就職以来、ラップトップは、DELLのVostro3500を使用してきました。
そしてOSがWindowsXPでした。(7→XPにダウングレードして使用)

そしたら、
 
サポート終了のWindowsXPを使い続ける企業は
社会モラル意識が無い企業である

なんていうサイトを発見。
 
「あー、めんどくさいけど、対応しておいたほうが無難だなぁ」

と感じ、周りに迷惑はかけられないという日本人的な考えで
どうにかしないとなぁと思い至ったわけです。

いっそ買い換えようかなーとも思いました。でも、できなかった。

インド時代から雨の日も風の日も、病める日にも健やかなる日にも
このPCが一緒にいました。電子書籍を書くときも、ネパールに行って
犬にかまれて日本の家族に連絡を取る際にも、このPCが一緒にいました。
そんなPCを簡単に乗り換えるわけにはいかない!(無駄な出費は抑えたい)

というわけでいろいろWebで調べたところ
インド時代にラップトップの箱を捨ててきてしまったので 
リカバリーディスクとかがないことが判明。

さらに新規にWindows7をインストールも必要そう。
いくらくらいだろう・・・Windows7のインストールでも
15000円はするだろうしなぁ・・・どうだろう。

やばい、社会モラルとか無視でXPと心中しようかな・・・

などと考えつつも、たまたまKLの中心地Imbi駅周辺を
ブログのネタ探しに歩いていたらDELL製品も扱っている店で
DELL の制服を着た店員がいる店を発見。

聞いてみたところ

「PCもってくれば、コミコミ350RM(約12000円)でOK」

といわれたのでまぁ、その位ならいいかなぁと思い翌日PCを持っていきました。
そしたら翌日、そこの店に行く途中にもう一軒DELLさんの店を発見。
IMG_4463
DELL製品しか扱ってない店だった。

昨日の店を探すのも面倒だしここでいいかなぁと思い、
とりあえず状況を説明してみる。すると

90RM(約2700円)でできるよ」 

 とのこと。え、なんで?

同じショッピングセンター内で、二人ともDELLの販売員の
制服着てるのに なんで見積もりが4倍くらい違うの?と思いながらも、
向こうの気が変わらないうちに作業を始めてもらいました。

更に、浮いたお金を利用して、 電池も買い換えました。
インドでは毎日停電していたので徐々にパワーが弱まり、
最近では30分しか持たないという情けない感じに・・・
そのうちウルトラマンと競るのではないかと思っていました。
これを買い換えるのに費用が190RM(約5700円)。

Windows7とバッテリー交換合計で280RM(約8500円)!

ただ、副作用もありました。上記のYahoo知恵袋では

①プロダクトキーを表示させofficeのプロダクトキーを使用して有料でバックアップディスクを注文
②windows7のディスクはdellに再注文するなりして入手

と、2つの購入が必要だと説明しています。
この説明は、実は先に行った量販店系の店で受けた説明と同じです。
そしてそこでは350RMという見積もりでした。

それに対し、DELL直営店では私が一言付け加えました。

「もう必要なデータのバックアップとか取ってるから、フォーマットしてOKっすよ」 

バックアップといっても、必要な写真などをフラッシュメモリーに移しただけですが。
そしたら、OSは英語版が入って戻ってきました。

これ、フォーマットなのかな?再インストールじゃないかな?

ちなみに英語版の入力システムだと、@の位置が違ったりします。
ですので海外のネットカフェで日本人は@難民になるのです。

「@がない・・・メールが送れない・・・どうしよう・・・」

と、ネカフェで困っている人の横で、
(旅先でも変わらずTwitterをしながら)

「お嬢さん・・・@を入力するのは2のシフトですよ」

と、隣に座った日本人に日本語で教えてあげる私。
@難民になっている日本人に射す一筋の光。もうね、
カリオストロのエンディングに近い状態なわけですよ。

とまぁ、一応私は英語OSでも問題はありません。多少、
()のキーや「」の位置がずれていたりしますが、
動いて使えれば、いいじゃん。OKOK。

いや・・・でもおかしくね?フォーマットで済むの?済まないよね?
フォーマット&7などのインストールじゃ?(しつこい)

個人的には多分後者の作業をしているのではないかと思っています。
DELLのお兄さんが怒られてるかもしれませんが、私のPCは元気です。