画像 2647
カトマンズは路地が多すぎです。

私もいろいろ旅行してきましたが、ここはかなり難解な部類です。
城門が無いエルサレムって感じが少しします(気のせいかもですが)。

ここに来て最初は道に迷ってばかりだったのですが、
何とか街歩きの勘を取り戻してきています。

旅慣れている人にとっては当たり前のことなのですが、
街歩きで迷わないコツを共有します。

①まずは自分の宿の周りを確実に把握する

どこになにがあるのか、半径300Mくらいはまず理解しましょう。
または自分の宿がある道沿いに何があるかをマスターしましょう。
迷っていても、何とか見たことがある店が見つかると、それがカギになって
宿に戻れることもあります。こうなるとものすごくうれしいです。

②宿の住所が書いてあるパンフレットを必ず持って出る

常に、いざとなればタクシーに乗ればOKにしてきましょう。
ガイドブックなどに宿が紹介されていても、文字が小さい場合は
人に見せても読みにくい場合が結構あるので、
宿のパンフレットやカードなどをもらうのも手かもしれません。

③自分の宿泊宿の最寄広場を覚える

カトマンズでは、小さい広場がいくつもあります。
その広場と広場が細い路地でつながっています。
この広場に戻れば宿に帰れる、という広場を見つけましょう。
ちなみに、この写真はAsan(アサン)という広場です。
画像 2652
私の場合はここの近くに宿をとったので迷ったらここに戻る道を
聞くことが多かったです。その近くではこんな感じで野菜を売っていたり
画像 2656
乾物屋の看板があったり
画像 2654
こんな感じでアジアの市場を満喫できます。
画像 2653
④目的地に行くために小刻みにゴールを設定する

安宿街のタメル地区から歩いて15分くらいに
世界遺産の遺跡があります。そこにいくためには、
どの広場からどの路地を通っていくかというのを
考えるのが大事です。先ほど書いたAsanから
世界遺産の方へ歩くとIndra Chowk(インドラ・チョーク)
というところを通ります。Asanの広場にはこんな感じで看板が。
時々親切に看板がありますが、あまり期待はできません。
画像 2651
途中では道がレンガになったり
画像 2650
完璧に舗装されていなかったりします。
画像 2649
こんななかをとおりぬけると、Indra Chowkこんな感じで布を売っています。
画像 2648
ここから世界遺産はもうすぐ目の前です。
カトマンズの街歩きは面白いのでかなりお勧めです。