画像 2647
前回の記事から約2-3ヶ月。ついに、ついにすき家・ダマンサラウタマ店が
オープンしました。店頭には、花かざりがありました。メッセージを見てみましょう。
画像 2648
①ゼンショーさん

商売が益々繁盛しますように。
画像 2651
②レストラン開店おめでとう

地主より
画像 2650
③ゼンショーさん

グランドオープンおめでとう。
画像 2649
地主、エライ。

こんな感じで外にはモデルも。照り焼きチキンライスは今度たべてみたい。
画像 2656
牛丼とか牛卵丼。
画像 2655
こっちの野菜だとオクラとかがのっかってます。若干高め。
画像 2654
キムチ牛丼とチーズ牛丼。うまいのだろうか。
画像 2653
カレーもありました。日本のカレーよ、世界にはばたけ。
画像 2652
枝豆とかもあります。
画像 2659
店頭には、他にも牛丼とは何かを図示しています。
牛丼は、牛肉と米と玉ねぎで出来ています。うん、分かりやすい。
画像 2660
牛丼並みで8RM(240円)日本食でこの価格設定は
かなりチャレンジングですが、踏み込んでますねぇ。
それと立地が完璧にローカル狙いっぽい。
画像 2662
定食メニューも。Mで大体520円、Lで500円程。日本値段。
画像 2669
再度メニューもこんな感じ天ぷらとかあるけどどうなんだろう。
シーフード豆腐・・・今度頼んでみようかなぁ。
画像 2668

マレーシアルール 味噌汁はドリンクメニュー扱いらしいです。
画像 2674

なんと注文の管理はタブレットでやってました。
画像 2670
その分というか、充電のためのケーブルは結構適当に
置いてある感じ。まぁ、でも仕方ないよね。
画像 2671

日本語と英語が微妙に違うのがあれだけど、多分一応問題ない。
画像 2667
紅しょうがとかもとり放題なのは日本と同じで、テーブルも清潔。
画像 2666
なんて写真をとっていると、すぐにきましたー。早い。頼んでから1分以内。
提供の速さは日本と遜色なし。中から2人位日本人の男の人の声が
聞こえたので、多分日本人がいます。カウンタ等はローカルの女性スタッフでした。
それも頭にスカーフ巻いてるのでマレー系。牛はOKなのだろうか。
画像 2672
牛丼の米は、食べていて違和感はまったくありません。
画像 2673
ローカルの人が結構食べに来ています。

今日まだ開店から間がない(?)だけに晩ご飯時でしたが
あまり客はおらず。でも、クチコミで少しづつ広まると思う。

私はカウンター席で食事。店員さんは皆、それなりに仕事していました。
「いらっしゃいませー」が日本語だったり、お釣りを渡す時に
片手を添えて渡すのと、笑顔をちゃんとしているのが日本流。

いや、これをこっちの人にしてもらうのってマジで大変なんだと思う。
社員教育する側も大変だったと思うし、日本サービスを受け入れて
やる店員も偉いと思う。
画像 2663
レシート
IMG_2314
個人的には、ローカルは女性スタッフしか居ないのが気になりました。
何か変にプライドが高い人が時々いるローカルのアジア男子と
日本の外食産業って結構合わない印象が 。

一般的に、あまり仕事しない人もいるし。知り合いがタイの工場に
出張で行ったら工員はみんな女性で、男が家から送り迎えを
バイクでしているとか。男、もっと頑張れよ!!

でもマレーシア人からしたら、このすき家がマレーシアで
ブレイクすれば今最前線でやってる人とかがエリアマネージャー
とかになったり新規出店で店長になったりと色々
出世のチャンスも(力があれば)あると思うので、
マレーシア人ならある意味で入るなら 今かも。

週に一回位はしばらく通ってみたいと思います。