画像 2651
週末はシンガポールへ知り合いに会いに行ってきました。
LCCTから飛行機で飛んだのですが、LCCT⇔Sentral(セントラル)で
部分的に電車で移動ができる様になってました。
画像 2652
もしかしたら結構前からこうだったのかもしれませんので
知ってる人からしたら

「今さら?」

なのですが、個人的にはこれは大ニュース!という訳で早速利用。
Sentral駅→LCCTのチケット売り場はKLIAの場所と同じです。
そこでLCCT行きと言うと2種類のチケットをもらえます。
画像 2647
これは電車用。
画像 2648
これが駅→LCCTのシャトルバス利用チケット。
両方併せて12.5RM(約400円)です。目的地のSalak Tinggi駅でも、
バスがどこか別に迷う心配もありません。
画像 2649
階段を上がるとこんな掲示があったり、
画像 2650
こんな風に行き方を教えてくれるので結構わかりやすいです。
駅をでるとこんなバスが待っています。
画像 2654
荷物ももちろん車の下に載せられます。
画像 2653
バスの入口には目的地が。
画像 2655
揺られるほど20分〜30分です。
画像 2656
ちなみに逆ルートのLCCT→Sentralは?というと、空港で入国審査が終わって
チェックイン荷物を回収したあと、歩いているとチケット売り場が。
ここではレシート一枚しかもらえません。こんな感じ。
画像 2659
バス用と電車用の2枚が1枚に乗っているので
スーパーで一万円位買い物した長さのレシートをくれます。
(多分、バス乗り場でも購入は可能みたいです)
空港ではこんなバスが、コーヒービーンの前に止まってます
画像 2660
車体にも値段を明記する明朗会計。
画像 2661
それと、レシートにはQRバーコードも付いています。
画像 2665
これは、改札のここにピッてします。
画像 2664
Sentralで降車する際にも、最後に改札でもう一回ピッてします。
なくさないようにしましょう。あと、電車のドアは押しボタン式です。
画像 2666
開かなくても驚かないように。特にLCCT→Sentralは
始発ではないのでドアが自動ではありません。

私自身が空港→セントラルではバスしかないと思っていたのですが
違ったので他の選択肢があって嬉しいです。あとこのメリットは何かというと

1)LCCT→セントラルのバスが9RMなのに対抗してか、12RMと安い

2)なんだかんだで2時間位かかるバスに対して1時間と早い。

3) 街中でも電車で走るので渋滞に巻き込まれず時間の予測ができる
  →時刻表もちゃんとある。

というわけで、次回以降もこれを使いたいと思っています。

ちなみにクアラルンプールの安宿情報は↓にあります。

 

新刊でました!LCCTが閉鎖になって、KLIA2ができました。
しかしこの本を読んでおけばKLIA2対策はバッチリです!!