_DSC7739
少し前に大石さんのJ-cast記事でこんなのがあった。

世界中に家族を分散 中国人のサバイバル戦略

血は水よりも濃い、家族を大事にする。
インドでも、みんな家族ラブ。
欧米でも基本家族大事。

ペナン島にはこんなのがあって、
_DSC7712
水上に家を建てて住んでます。それも、
_DSC7729
とか書いてあると、そのへんの水上家屋はみんな周さん。

一族郎党が肩を寄せ合って生きています。血縁と地縁
(同郷の人同士のネットワーク)が華僑は半端なく強い、
というのは良く聞きます。

逆に日本は家族関係・血縁関係が希薄と言われます。

なんでなんだろう?とふと思ったのでちょっと考えてみた。

①日本では一人で生きていける、人に頼らないサービスが発達してる?

 よくある理由) コンビニや100円ショップ、安い外食が可能な吉野家などがあるので。

 思うこと)でも、アジアも安くて美味しい屋台があるしいつも開いてる食堂もある。

②日本は極端に核家族化が進んでいる?

 よくある理由)団塊世代が自由を求めて農村を捨てて都市に出て以来、核家族化、一人世帯は増加している。

 思うこと)都心に家があれば別だけど、世界的に考えても都市への移住が進んでる。
 じいちゃんばあちゃん世代と一緒に住んでいるのって日本でもほとんどが田舎。
 これはインドとかでも同じで、田舎と都市の文脈で語るもので特に日本特有ではない。
 日本も田舎はまだまだ血縁は相当強い印象あるけど、アジアの方が若干強いか?位。

③日本の若者はお金がないから結婚できない?

 よくある理由)世代比較で言うと親世代の経済感覚と今の若者が
自分の懐具合を比較したり、子供の教育とか色々考えたりすると
ほぼ確実に若者世代は親世代よりも貧しくなる。親よりも低賃金で
給料が上がる見込みもほぼない状態で結婚はやはり引く面もあると思う。

 思うこと)今のアジアはイケイケドンドンでAlways三丁目だから時代が
違うというのはある。この点は確かにアジアと日本は違う。アジアは中間層も
ドンドン結婚してるから。いや、日本も結婚してる知り合い一杯いるけどさ。
アジアと日本を比べると結婚比率は高い印象。

バリキャリ(?)な女性とかは結婚してない人いて晩婚の傾向は
アジアにもないわけではないけど、世界的にそうだし。

④日本人は親と話をしたり、会ったりする機会をつくらない?

よくある理由)親と話をすることがないし話が合わない?

思うこと1)インドもマレーシアもしょっちゅうみんな実家に帰る。
たぶん日本よりも頻繁に帰る。日本でも頻繁に実家に帰る人もいるが、
全体で平均をとるときっと日本人は比較的少ないのだろう。そこは認める。

思うこと2)でもアジアでも主体的に帰るよりも親が帰れって言うから帰る、
惰性で帰るという後ろ向きな理由の人も結構多いと思う。
インド人も家族関係が面倒と思うこともあるらしいし。
その辺は昔ながらの親には従うべし方式の価値観だと思う。

思うところ3)日本の人は実家に帰りたくない?田舎に行くなら家で
ネットしたりDVDみたりしてる方がいい人も。帰っても親や親戚にあって

「まだ結婚しないのか?」
「そろそろ孫の顔が・・・」

とか言われるだけだし。みたいな。だから実家に余計にこなくなるサイクル?

結局、日本の親子関係は本当に薄いのか?

よくある理由)日本の儒教思想はもはや形骸化。

思うこと)日本だけが極端に薄いっていうのは言い過ぎな感じもします。
介護地獄とかいう怖い単語があるように、なんだかんだで日本人も結構
親の面倒をみる印象がある。あまり実家に帰らなかったり頻繁に
電話をしなくても土台でつながってる意識があればいいんだし、いいんじゃ?
やっぱなんだかんだで程度と個人の問題。という私なりの結論。異論は認めます。

あと土台の親子関係が余り上手くいってない人もちらほらみるな。
親が親らしいことを出来ていないという面もありそうだしこれからも増えそう。