窓まぎ
会社の研修で魔法少女まどかマギカの1話2話をみた。
話があまりに面白くて、今週で一気に全部みてしまった。
 
ストーリーのネタバレはあまりしたくないので色々ぼかしながら
現地採用の自分と重なるなぁと思う所に関して書きます。
気になる人は原作をみると更に理解が深まると思います。あと、
コレ↓だと英語の字幕で観られるので、勉強にお薦めらしいです。



①契約とは相互合意による交換。代償が必要である。

魔法少女になるには、「キュゥべえ」と契約をする必要がある。
魔法少女になる前に一つだけどんな願いでも叶えてくれる、
というのが話の設定。

海外で仕事をしたい!現地採用でもいい!!

という願いを叶えるためには、日本人駐在員がもらう
レベルの高賃金ではなく安い給料で働くことを受け入れたり、
外国人として海外に住む上で感じる色々な不便さを
受け入れる必要がある事が多い。責任は自分が持つ事になる。

けど、日本人現地採用は、現地の人からするとありえない
高待遇でもあることが結構ある、というとこは言う必要がある。

言葉の定義は大事ですので、契約はご計画的に。

②奇跡を起こす(夢を叶える)には膨大なエネルギーが必要

「奇跡」を起こすというのは、本来なら(または普通なら)
起きえなかった事を起こすという事とほぼ同じだ。

教員→通訳へのキャリアチェンジ

で考えると2年間通訳学校に通って一日10時間勉強して、
実務経験積む為にインドにいって、今でもマレーシアで
自分で勉強しながら仕事してる。私と同じような道を歩もうと
するエネルギーと気力がある人がどれだけいるかは疑問だ。

その過程を私は楽しめているけど、ストレスと感じるのが普通かも。 

③「仕事」とは、結構報われない孤独な作業である

 上の絵で黄色い髪の女の子が

「魔法少女も大変なんだよ」
 
という話をしてくれる、この辺は通訳の仕事とも同じ。
基本的に、仕事はできて当然。できないなら仕事はない。

もちろんちゃんとやれば感謝はされるし嬉しいし、自分の仕事で
周りの人が動くのをサポート出来るのはとても嬉しい。
でも、ミスをおかせないプレッシャーとも常に隣り合わせ。

普通の現地採用の人でも、日本で仕事をするのと違う
ストレスを感じる事が出てくる。ローカルと日本の狭間で
悩むのは現地採用の常みたいだし。向き合う必要がある。

おまけ

それと最後にもう一つ。アジア就職のキュゥべえ的なポジションを
もりぞお氏が司っているが、彼は基本キュゥべえよりも親切。
売り込み方というかスタンスは結構かぶる所が多いけど。

セカ就を読めば、ある程度現地採用が抱える苦労がわかる。
この点はかなり良心的に話をしていると思っていいと思う。 

決してバラ色の未来が待っているわけではない、コールセンターで
日本に帰れないレベルの給料しかもらえない人もいる、という
「陰」の部分もある程度きちんと話をしているのは、フェアだと思う。
もっと悲惨な例もなくはない。どこを基準にするかはその人次第。

あとキュゥべえ的な可愛さはないけど名前がモリゾーに似てる。 

 ※一応言っておくと実際のキュゥべえポジションになるのは
ローカルの人材派遣会社ね。彼自身は情報提供のみなので。
海外就職の人が増えても特にメリットはない。情報を聞いて
決めた人から感謝されるくらいか。