画像 547

地味に南インド押しなあまり、電子書籍まで書いた男、矢野文宏です。

インドのIT系企業で2年間通訳翻訳として勤務、ほぼ毎日南インド料理を
食べ続けました。その2年間の経験を活かして、シンガポールでも南インドの
ミールスを食べ歩き、このページにまとめました。日本にいたとき、私のイメージは

インド料理=ナン&ほうれん草のカレーやバターチキンカレー

でした。しかし、これはほとんどが北インドのカレーです。南でも食べることが
できますが、日常的に食べているものではありません。そしてご存知の通り
辛口です。なので、日本人の舌には、こういった北インドカレーよりも、南インドの

ベジタリアンミールス(ミールス=定食、北ではタリーという)

が合っていると思います。また、実は南インドのカレーの方が美味しいと
私は思っています。みなさんに少しでも南インドミールスの美味しさと奥深さを
格安で感じていただきたいと思い、食べ歩きの記録と節約方法をまとめました。

「南インド料理は面白そうだけど、インドまで行くのはなぁ・・・」

という方に、シンガポールでのミールス体験をおすすめします。 

パッカー宿
シンガポールではホテルは1泊1万円が普通、安いシングルでも
1泊6000円はするのがザラです。就活のために2週間ちょっと
宿泊するとホテルだけでなんと10万円近く のお金がなくなります。
それは厳しい・・・そんななか、私が泊まった

バックパッカーコージーコーナーゲストハウス

は一泊1500円です!ここに泊まれば宿泊費も大幅削減が可能!!

画像 549

南インドカレーを日本で食べられる店はまだまだ少ないですが、
シンガポールに来るとインドほどの値段ではないものの、日本の
値段と比べると格安で南インドのベジタリアンミールスを食べられます。

ミールスの値段は日本円感覚で、インドでは2ケタ、シンガでは3ケタ、
日本では4ケタです。就活や観光でシンガポールに来た場合は、
インドの南部タミルナドゥ州出身のタミル人(またはタミル系の人)
が作る本場南インド料理を是非一度お試しください。

画像 569
上記の①で紹介したブギスからリトルインディアまでは、電車で
行くよりも歩いていったほうが早いしお金もかかりません。
道はこのリンクを見れば簡単にわかります。

画像 607
知り合いの日本人を2人連れて行き、人生初の南インドミールスを
彼らに食べてもらいました。感想はこんな感じです。

①意外とあっさりしてて食べやすいし、思った以上においしい
②辛いのが苦手なのでインドカレーを敬遠してたけど、
 これなら問題なく食べられる
③コスパ最高。
④日本で食べる「いわゆるインドカレー」とまったく違う
⑤また食べたい!!
⑥ヨーグルトが混ざると、予想以上に美味い
⑦野菜不足なホーカーや屋台飯が多い現地採用者に最適
⑧ベジタリアン食という感じがしない

本場南インドのミールスがおかわりOKで4SGD(320円)です。

画像 593

マイルドな南インド料理を、エアコンのきいた結構キレイな店で
食べたい人にとてもオススメです。 値段は7.5SGD(600円)
若干高いですが、その価値はあります。

画像 584
保存料、着色料、味の素などを使わない天然素材のみを
使用し、格安で提供します、とうたっている店です。

ケララ(南インド最南端に近い州)でしか食べられない
ケララ米 (赤米)のものは7SGD(560円位)と、
白米を使用したものは6SGD(480円)です。
とてもマイルドな、ケララの家庭料理の味をご堪能下さい。

画像 572
若干スパイスが強めですが、見ての通り野菜がとても多いです。
栄養バランスを考えると、かなりオススメです。

画像 597

ここではカードチリ(カードとはヨーグルトの事)という、
南インドのミールスに時々付いてくる、塩味が強い、
油で揚げた唐辛子を食べることができます。
興味があるひとは是非! 7.5SGD(600円)です。

Facebook用の写真を取るのに最適 ☆2.5
画像 633
 
シンガポール名物らしいフィッシュヘッドカレー。高いです。
私ならこれを食べるなら④⑤⑥で紹介したミールスと
⑩のビリヤニを食べて もらいたいです。

画像 617
ビリヤニとは、スパイスを使ったインド風炊き込みご飯です。
これも、シンガポールでは大釜で一気につくる本場の味が
堪能できます。スパイス系の食事が大丈夫な人、出番です!

画像 594
インドでも店によっては「ライスにチキンカレーを載せただけのビリヤニ」
という所もあります・・・が店をちゃんと選べばそんなことはありません。
色々食べ歩いて見てください。

こういった、ミールスに関するウンチクや、南インドの生活をまとめた
電子書籍を4月に出しましたが、みなさまからご好評をいただいております。

チャロー広告


 アマゾンのキンドルで購入・サンプルをよみたい方、詳しくはコチラ! 

キンドルで買えないけどスマホやタブレットを使用している人、詳しくはコチラ! 

とりあえず本の中で使っている画像をもっとみたいなぁという方、こちらをクリック!