パッカー宿
シンガポールは宿代が高いことで有名で、現地採用の人は
ルームシェアなのに月に8万円払ったりするのは普通です。

ホテルは一泊1万円が普通、安いシングルでも一泊6000円は
するのがザラです。就活のために2週間ちょっと宿泊すると
ホテルだけで10万円近く のお金がなくなります。それは厳しい・・・

そんななか、「仕事が決まるまで就活する」
とエージェントに言っている私が泊まっているのはトップ絵の

バックパッカーコージーコーナーゲストハウス

です。私の部屋はこんな感じの6人部屋。ACついてます。
内装
こんな感じでも、就活をする上でまったく問題になりません。
ソファーなどもあって居心地は思ったほど悪くありません。
一人一個大きな金庫(南京錠)があるので、貴重品はそこで管理。
OP
ソファーでまったりしながら、他の旅行客と話もできます。
(あまりスピードは早くないけど)PC3台とWifiも完備。
温水シャワーも利用可能。そしてブギス駅からなんと徒歩2分。

立地最高なのに、これで一泊18SGD(約1400円)です。

これなら持久戦になっても、資金面で何とか
持ちこたえられます。それも朝食付き。
朝食
といっても、パン・ジャム・バターとコーヒー・紅茶程度ですが。でも、無料です。
昼・夜は外食ですが、近くでそこそこおいしい食事もできます。
オカズ
おかずが作りおきされていて、頼んだものを載せてくれる。
肉類一種+野菜2種で240円(3SGD)
食事
こんな感じ。ちなみに上の絵は

「労働者には権利があるって、知ってるよ♫」と、明るく
タミル(かヒンディ)・中国・マレー・英語で書いてあるようです。
最長でも12時間しか仕事しちゃ駄目らしいです(メモメモ)。
安い店に貼ってあるというのが、地味に本気さを感じます。

食費をもっと安くしたい!というのも、可能です。
頑張って歩けば、 最安で200円以下で食べられる
店もありますので行き方を紹介しておきます。 

①ブギス駅から、ビクトリアロードを渡ってブギスストリートに行きます。
画像 543
②ブギスストリートの中を抜けて行くと、こんなところがあります。
ホーカー
その中です。 
モック肉
2.3SGDで一食は、シンガ最安に近いと思います。
ここでは「モックミート(mock meat)」が食べられます。
モックミートとは、原料が肉ではないけど食感や味が
肉っぽい食材です。湯葉みたいなのもあれば、本当に

「チキン!?」

と思う程のものもあります。近くに来たらお試しください。
こんな感じの所で食事をして、シンガ就活での持久戦をしてます。

バックパッカー宿ならリトルインディアにもあるじゃん?
と思った方、甘い!!ここの近くには図書館があります。
画像 545
ここにはなんと漫画が入ってますので、タダでAC付きの
マンガ喫茶みたいに利用できます(実際PCもあるし)
ただし、漫画は英語に翻訳されてますが・・・例えば
画像 542
これは花より団子
画像 541
のだめカンタービレ
画像 540
ドラゴンボールZからなので、ラディッツ編からのようです。
画像 539
幽々白書

などなど。ただ、あくまでも図書館なので、誰かが借りていたら
その巻は読めませんので、覚悟しましょう(涙)
ちなみにマンガコーナーがあるフロアは、B1です。

こういった所で無料でひまつぶしもできる、ブギス最高です。
 就活の起点には是非ブギスをどうぞ!!

追記)  ブギスジャンクションの三階で営業しているホーカーズには、
    6ドルで食べれるサバ定食がある。そのサバ(鯖)はおそらく
    日本で食べるより美味しい。 
~ブギス豆知識辞典より~
画像 546
漬物も欲しかったなぁ・・・ 


この他にも、お得情報満載です。
よろしければどうぞ! ↓