火鍋のみ
シンガポールで食べられる火鍋(hot pot)
肉・魚・野菜・ジュースおかわり無料で20SGD(1600円)位。
これは鍋の周りで焼肉ができるバージョン。メチャうまです。

マレーシア・シンガで求職活動中です。面接なども
ちらほら出ています。今回はシンガポールで募集に
エントリーして書類を送った後のエージェントの対応に関して、
私が感じたこと、聞いたことをまとめたいと思います。

一言で言うと

意外と返事が来るまで時間がかかるケースもある

です。
海外就職は結構話がサクサク進むと聞いていたのですが、
思ったよりも時間が掛かるケースや、一向に返事が来ない事もあります。

私の場合、
エージェントから会社に書類を送っていただいて、
ケースによっては1週間位して断りのメールがくることもありますし、
1ヶ月経ったのに なしのつぶて もあります。
そのあたりが、なぜそうなのかをエージェントの方が説明してくれました。

理由a)
書類自体は人事→現場に行っているけど、そのあとで
    担当者が忙しく、動きがな
くて止まってしまうケース

理由b)シンガの人事担当が求人への応募に対して
    明確なNoの返事をしないケース

だそうです。
理由bの背景

とりあえず人だけ紹介してもらって自分でそれを持っておき、採用が
決まったとしてもイザというケース
用に手元に置いておきたいから
Noとは言わない、という「ずるい」意図が見える感じ。

との説明を某エージェントからいただきました。また、

基本、書類を送って時間が経つほどNoの確率はあがるので、
あまり時間がかかると、可能性は限りなく0に近くなります。

(矢野翻訳:だから、空気を読んで次の案件に目を向けて欲しい。
っていうか、あなたは選ばれなかったのだから仕方ないでしょ。) 

との説明でした。まぁ、そういう事情なら仕方ないと思いますが、
ならそう事前にいっていただければ、と思いました。やっぱり
自分が買った宝くじは当たりそうな気がするように、期待して
しまうので。空気を読まない方が悪いのかもしれませんが・・・

シンガポールで現地採用をしている人から

「エージェントからの返事がまじで遅いOR来ない」
「面接するといったのに、キャンセルされそのまま放置。面接は?」
「もしかして架空案件で引き伸ばそうとしているのでは?」
 
などと、エージェントに関して色々言う方もいました。

さすがに架空案件はないとは思います。個人的には
「自然消滅」よりも「お祈りメール」一本くれる方がマシとは
思いますが、上記の話を考えると単純に取引先から明確な
返事がないので、エージェントが動きたくても動けないという
感じが実情と思います。お祈りメール一通かくのも手間、
と言われればそれまでです。結局は自分が商品で売れるか
売れないか、買ってくれないなら買ってくれるところを
探すしかない、それ以上でもそれ以下でもないという事です。


あと、エージェントからはお祈りメールではなく、採用を
見送りますというお見送りメールが来ます。

日本だと全部のエントリーに返信を義務付ける転職サイトもあります。
あれをスタンダードで考えてはダメ、という例で個人的には反省です。

あと、エージェントによってレスポンスの早い遅いは
本当にピンきりです。どこが早い遅いをブログで言うのは
アレなので、何かの機会でお会いした際に聞いてください。 

ちなみにトップ絵の火鍋は中国料理ですが、 オススメです。
シンガに来たら、知り合いや宿の人を誘って是非どうぞ!! 

追記) 作家のみならず人材業もされている大石さん( 

から、ツイッターでコメント をいただきましたので、コピペしておきます。

① 
音沙汰がないところクライアントも実際います
② 
あとエージェントとして応募せずともNGがわかってる場合は、
 いちおう時間をおいて見送りってことにする場合もあり
③ 
クライアント内で架空求人だった例はあります。
 要するに、なんとなく募集したけど、ホントはちゃんと
 社内で取るとも取らないともきまってないという。日本企業ではよくある。
④ 
「募集自体がなくなりました」ってやつはこれです。
 日本企業はほんとにこれが多いので、くたびれ損になることが多い。
 外資ではありません。取ると言ったらちゃんと取る。

とのことです。シンガの会社も日系 を利用していれば、
このあたりは重なるのかな、と思いました。

 大石さん、ありがとうございます!