やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

2016年01月

11061193_10153226370518180_4640733031043642917_n
ピースボートでボランティア通訳経験を積んで、ほぼ新卒でマレーシア・シンガポールで就職活動。マレーシアにて仕事をはじめた方に、インタビューをしてみました。

主なトピックはこんな感じです。

1)仕事をしてみて、ぶっちゃけた感想は?
2)マレーシアで仕事をして良かった点、問題点は?

3)平日の良くある一日はどんな感じ?
4)会議に出るとどんな感じ?
5)前任の方はどんな感じ?
6)通訳・翻訳の割合はどのくらい?
7)専門用語・業界用語への適応は?
8)通訳翻訳と、それ以外の仕事や雑務はどの位?
9)職場の人口・人種構成は?
10)社内の人は英日両方できる人が多い?

11)事前にイメージしていた生活と、実際のギャップは?
12)アパートは、どんな感じ?
13)所得税が地味に厳しい件
14)マレーシア就職の特殊要件・車について
15)週末はどうしていますか?

(実は一通り話した後に再度録音しているので、私の質問が文脈とかみ合わないことがちょっとあるのですがご了承ください。)

ボランティアとはいえ通訳翻訳をした経験があっても、色々課題があるようです。始めの一歩を海外でするのは大変ですが、ストレッチされることで成長速度は速いと思います。

私も今の会社に入って製造業で使う用語に関して理解を深めたのですが、彼女とちょっと話した感じである程度の「経験の横展開」が可能だと思いました。つまり、ある製造業の会社で仕事をして基本の言葉を覚えると、他の製造業の会社に行ってもかなりの用語が共通するので再利用できる、と感じました。

音声を聞きたい場合は、やのなのね通訳翻訳研究所に入会をどうぞ!

12366248_10153764144863180_1171193182978552360_n
気がつけば結構前になってしまいましたが第7回クラフトビールの会があり、入れ替わりもありましたが食事で4名、クラフトビールで16名の参加がありました。次回は、半年くらい前に行ったヨーロッパビールが飲め、ドイツ料理やフランス料理が食べられるホーカーにいきます。

↓前回の様子
20015_10153460321928180_281766977116401472_n

前回と同様、一人50SGDを最初に回収して私が共通の財布として一時的にお金を預かります。

何かを食べたい・のみたい場合は 

「ビール飲みたいからお金ください」
「~が食べたいからお金ください」

と言いに来ればお金が出るというシステムです。前回はお金をほぼ使い切りました。

次回(というか今週末)

日時:2016年1月9日(土)18時30分~
集合場所;Queens Town駅 改札
食物;ドイツ&フランス料理
目安;50SGD
会場:Stew Kucheなど(現地集合可能)

住所)Blk119 Bukit Merah Lane 1
#01-40 Singapore 15119

Tel:62766445

席の関係で要予約です。

※途中参加、途中退席も可能でしょうか、という問い合わせがありますが可能です。遅れてきても金額は固定なので、多めに飲んだほうがお得です。

希望者はメールアドレスに連絡、または南インドカレーのWebサイトへの書き込みをよろしくお願いします。

このページのトップヘ