やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

2014年08月

Taman Negara Location
タマンネガラ国立公園(またはタマンヌガラ)といいますが、マレー語で国立公園の意味らしいです。

タマン=TAMAN=公園
ネガラ=NEGARA=国立

タマンネガラは西マレーシアのパハン州、クランタン州、トレンガヌ州の3州にまたがっていて、1億3500万年前からの熱帯雨林の原生林が残されている場所のことです。マレー半島の真ん中やや右にあります。

広さは4343k㎡。観光客の宿泊施設は川のそばに設置してあり、ボートで移動します。ジャングルにはゾウ、イノシシ、トラなどの野生動物がいるらしいですが、特にアジアゾウやマレータイガーは絶滅の危機に瀕しており、滅多に見る事はできないそうです。他にも様々な南国のジャングル特有の生物も生息しています。

気候は熱帯雨林気候です。高原らしいですが、気温は平均30度ほどで、はっきり言って日本の夏のほうが暑いです。「水曜どうでしょう」というTV番組で取り上げられたことがあり、その中で大泉洋が「熱い!」といって半そでシャツを着ていたのを思い出していただけるといいと思います。

ちなみに『水曜どうでしょう』(How do you like wednesday?)は、旅をメインとした北海道テレビ放送制作の手作り感満載ローカルバラエティ深夜番組です。内容は、大泉洋が行き先も知らずに様々な所に行くという企画です。約10年前に放送された番組ですが、口コミやインターネットなどでファンを拡大し、ジャングルの感じを映像で見られるので自分も行ってみたいかどうか迷っている人はこちらを観ることをおすすめします。
 
その大泉洋が、「もう一度行かなければならないとしたらどこが一番嫌か?」との問いに対して即答したのがこのタマンネガラのブンブンだそうです。ブンブンとは日本語で動物観察小屋のことで、例えばブンブンバラウ、またはブンブンクンバンという感じで中ば地名のようになっている感じです。大泉さんたちが行ったのは小屋といっても、ガラスもない廃墟のような小屋で、小屋というのも申し訳程度のものがジャングルに設置されたところでした。そこで何泊もしたようです。結果、上記のようにブンブンが嫌われたものと思われます。

日本人でタマンネガラに行く人は、大体がこの水曜どうでしょうに影響を受けて、聖地巡礼という感じでブンブンまで足を運ぶようです。しかし、軟弱な私自身はジャングルの小屋には行かず、ただのパッケージツアーで申し込み、エアコンの効いた快適なシャレーで夜をすごし、そこそこ美味しい食事を食べ、ジャングルツアーで楽しい時間を堪能できました。個人的には、それで充分だと思っています。

現地に滞在して色々なことを調べていくうちに、ふと感じたことがあります。

ガイドブックのタマンネガラの項目がものすごーく適当。

なかったら作るしかない、という感じで書きました。

目次 

なぜタマンネガラに行ったのか、タマンネガラの電子書籍を書こうと思ったのか 

1章)タマンネガラって、何?美味しいの? 
クアラルンプールで利用できる、タマンネガラ専門旅行会社とは? 
タマンネガラへのボートはどんな感じ? 
地球の歩き方にほとんど出ていないタマンネガラの対岸、クアラタハンの歩き方とは? 
タマンネガラで罰金30万円?怠ると怖い、大事な手続きとは? 
クアラタハンでお酒を飲める場所とは? 

2章)タマンネガラでアクティビティ!どんな珍しい南国特有の動植物が見つかる? 
キャノピーウォークってどんな感じ? 
ノマドな先住民の村を訪問できるって本当? 

3章)タマンネガラの宿情報を梅松竹で説明! 
梅ランクのムティアラ・タマン・ネガラってどんな感じ? 
松ランクのホテルはどうなのさ? 
竹ランクのゲストハウスはどんな感じ? 
私が泊まった宿への行き方は? 
番外編、激安宿はどんなのがあるの? 

まとめ・少しでも安く上げるコツと、旅行申し込みサンプルメール(英語)公開! 
あとがき 

広告1)マレーシアでの就職活動を検討している人におすすめの電子書籍とは? 
広告2)美味しいマレーシア料理を紹介している、マレーシア生活をまとめた電子書籍とは? 
広告3)南インドに関する電子書籍とは? 

いつもと比べて内容少な目なので102円にしました。
↓ よろしければどうぞ! 

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5338
前回エアアジアの不当表示に関する記事を書きましたが、
このイベント自体はなかなか一見の価値はありました。

①どういう人が、マレーシアから海外旅行に行くのか
②どこに行くのか
③いくらくらいかかるのか

というのがちょっとクリアになったからです。

まず、この会場に来ているのは間違いなく90%は
中華系マレー人です。ハラルでもOKとかいう記述が
時々見受けられますが、あまり意識していない印象です。

行き先は、ヨーロッパも多少は見受けられます。
IMG_5332
イタリアツアー13万円!これでも格安なほうです。
しかし、ヨーロッパツアーよりも圧倒的にアジアが人気です。
IMG_5345
バンコクやベトナムで4-5万円のツアーなどがありますが
一番目立つのが、台湾・韓国・中国本土・それと日本です。

まずは中国
IMG_5336
5万円くらいからスタート
IMG_5330
色々なツアーがあって価格帯はこんな感じ。
それに比べて日本ツアーはどのくらいかというと・・・
IMG_5333
急に値段が上がります。最安値で18万円。
IMG_5327
結構、冬の北海道ツアーは良く見かけましたが20万円くらい。

それに比べて韓国は・・・
IMG_5328
7万円~10万円ちょい。
IMG_5335
日本の一人分で韓国は2人分出ます。ま、物価違うので
仕方ないといえば仕方がないですが。
IMG_5337
そして台湾は韓国と競るか中国本土なみの事も。
IMG_5329
かなり頑張った値段設定になっています。
IMG_5334
日本ブランドを維持したいのも分かるし、値段が高いのも
分かりますがもう少し安くならないとなぁという感じです。

それと、あの国のツアーもありました・・・
IMG_5339

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5353
エアアジアのチケットが、全品20%OFFというすばらしい噂を聞きつけて、
急いでタクシーに飛び乗ってみたんですよ。
IMG_5347
会場は、マレーシアトラベルフェアというもの。
クアラルンプールのミッドバレーのショッピングモール3Fでやってます。

期間は2014年の8月8日~10日まで。
IMG_5324
いってみたらこんな感じでエアアジアの存在感が半端なかったです。
なんといってもエアアジアのチケットが

全品20%オフギャランティー

ですからね。朝一番であまり人がいなかったのですが、こんな感じ。
IMG_5340
12月に一時帰国する際にKL→名古屋という微妙なチケットを
1万円で購入できたので、東京→KLを購入するのに
なんというすばらしいチャンス!と思っていってきました。

今もし成田→KLチケットを買うと、帰り便が29000円なんですよ。
それが、この会場で買うと20%OFF・・・つまり約25000円。
キャッシュで買える!!と思ったら・・・

28350円(←確かこれ位)

っていわれました。20%OFFギャランティー??どこが?(プチ怒)

「それがねー、この日はその料金が適応されないのー」
といって見せてくれたのがこの表。
IMG_5326
要するに、来年の旧正月とか、年末年始とか、
国民の祝日がからむ週末は、すべて安くならないのです。

 
ALL20%OFFギャランティーってなんですか?

ちなみに、今月末に沈没船ダイビングに行こうと思って
いたのでここでチケットを買ったのですが、
25RMくらいしか安くなっていなくて

エアアジアで往復機内食無料で食べられる

位の割り引きしかありませんでした。

一言「例外もあります」があればまだセーフなのですが、それもない。 
エアアジアさんには 有利誤認表示っていう言葉を覚えて帰っていただきたいと思います。 

ALL20%OFFギャランティーってなんですか? 
IMG_5346
来年は8月14~16日までですが、多分行かないと思います。

※知り合いから

いや、よく見てください。all 20% offではなく、20% off to all distinationsだから
期間は限定されてても、全路線20%offなら誤りではありません。
どんまい。

といわれました。要するに、全路線で少なくとも一日は20%OFFにしていれば、

「全線で20%オフ保障」

といっても間違ったことは言っていない、と。うん、そうだね。正しいよ。でも最悪。

ここはちょっと面白かったのでまた別の記事を書きます。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5289
また、シンガポールで2件通訳翻訳関連の求人がありました。

ゲーム系翻訳、通訳業務(出張有り)

今仕事をしている会社がアニメですがゲームのムービーなども
作成しているため結構身近な気がします。

日本でもゲーム系のローカライズなどの案件は
よく通訳翻訳で見かけます。ある意味で、日本に戻るとしても
それなりに募集はある業界っぽいです。

アニメもそうですが、好き嫌いがあるので仕事とするには
人を選ぶ傾向があります。向かない人は本当に向かない職種ですが、
合えば天職かもしれません。買わなきゃハドソンですね。

② 大手リゾート施設で通訳兼Admin業務!!

こちらはリゾートという事ですが、ホテルとか何かでしょうか。
それなりに募集はある業界っぽいです。それも、企業タイプが
ローカル企業となっているので、外資の会社です。

外資の会社ですと、やはり労働環境などが日本とは違います。
インドでは飛び石連休の際には真ん中を有給で埋めても
誰も何も言わないし、有給はちゃんと使い切れるという当たり前な
すばらしい環境でした(今も合弁企業なのでかなりそうですが) 。

日系企業が合わないという場合はおすすめかもしれません。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

78_header
「マレーシアで日英の通訳や翻訳の仕事があるんですか?」

とよく聞かれます。乱暴な返事としては

「あるといえばあるけど、ないといえばない」 

という感じです。 すこし正確に言うと

「ゼロではないけど少ない」 

になります。実際にマレーシアで通訳・翻訳の就職活動をしての感想は

①同業のライバルは日本人ではなく日本の大学などで勉強したマレーシア人なので、
 給料が現地の相場となる。結果、相対的に日本人からすると割りに合わない数字となりがち。

②通訳・翻訳を希望する人があまりいないので、別の職種(事務・秘書など)を
 希望していた人が通訳翻訳として採用されることがとても良くある。

③通訳・翻訳が付くのは現地法人のエグゼクティブや日本からの
  出張者対応なので、採用や経営、運営に関連する会議に出ることになる

となります。日本でエグゼクティブ対応をする通訳はかなりの経験者でないと 
あまりアサインされませんが、海外なので最初からバンバン大きな仕事が来ます。
今日見つけた求人は日系食品製造業 で社長秘書募集です。

これを

「安い給料で搾取」とみるのか「市場評価以上の仕事をして価値をあげるチャンス」 

と見るかはそれぞれの判断だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ