やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

2014年06月

Y2


私、矢野文宏はやのなのね通翻研究所という、ニッチな有料サロンを立ち上げました。
よろしくお願いします。以下、簡単にコンセプトをまとめましたので、ご参照ください。


通訳翻訳に必要なのは出生や育ちの条件ではなく、人の繋がありや情報、技術につながる努力


普通の日本人」が、どのようにして「通訳・翻訳」として身を立てていくか?
私が教員を辞めた時には、その問いに対して明確な答えはありませんでした。


通翻訳者として稼動するには、特別な「天才」や「帰国子女」である必要はありません。
ただし、狂人とも思われかねない程の
努力の蓄積に裏打ちされた技術が必要です。
そこから小さな結果が生まれ、積み重ねが更に多くの経験や情報を得るきっかけになり、
人との出会いにつながり、大きな力になると私は信じています。


やのなのね通翻研究所には、様々な背景の人に参加をしていただきたいと思っています。
国内外でインハウス通訳・翻訳として稼動している方や、フリーの同時通訳として稼動している方。
通訳翻訳エージェントの方から将来通翻訳として身を立てたい方。
様々な角度から互いにアドバイスをするのみならず、仕事の相談や案件の紹介などの
生々しいビジネスの話も「こっそり」できる場になるように、仕組みを作りたいと思っています。
そこから形成される
人のつながりが将来大きな武器になるように、細く長く続けていきたいと思っています。


私が現在進行形でキャリアを構築する中での試行錯誤から

こんなソサエティーがあったら良いのに

と思った事を形にしたい。私のキャリアが一つのモデルとして波及し、
何かを変えるかもしれない。エージェントと通翻訳者の関係に一石を投じるかもしれない。
仲間に出会い、支えあう21世紀型の通翻訳者のサロンを目指します。


提供するサービス

①現役で通訳・翻訳の仕事をされている方(国内外問わず)に
インタビューした音声ファイルを共有 (月に1本を目標)


これは、私が海外就職研究家のもりぞおさんから
インド時代にインタビューを受けたものです。
サンプルとして紹介します。
後編はやのなのね通翻研究所に入会していただけると視聴可能です。



3分のダイジェスト版

前半

②通翻経験0から主に海外でどうキャリアを形成するか、スキルアップするかの方法と注意点

③通訳・翻訳をやっていての私なりのTipsや勉強法の紹介
④お勧め海外ドラマ紹介
⑤私の生活を通して何となく思った事
⑥私の通訳翻訳関連のネタの共有やインド・マレーシアでの通訳翻訳経験の共有
⑦過去に出している、合計5冊の電子書籍の原稿
⑧上記のように、様々な背景の英語を仕事にしている人と出会うチャンス
⑨スカイプを利用した勉強会や、スキル向上のための勉強時間公表

などです、他にも随時活動を増やします。

利用規約
特定商引法に基づく表示

入会希望は

①ブログのメッセージで「入会を希望します」とお知らせください。
②同時に、自分のFacebookのアドレスを教えてください、こちらから友達申請します。
こちらをクリックして手続きをすすめてください。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4719
すき屋も少しづつ客が増えてきた、かのように見えました。
しかし、実は最近、ご近所に強力なライバルが現れました。

Mix Riceです!ミックスライスとは、白米に食べたいおかずを
自分で盛って、係りの人に見せて会計後に食べるというシステム。

このお店、なんと「80種類以上」のおかずを用意すると
宣言しています。80種類あれば、自分が食べたいなぁと
思うものと出会う確率も上がります。実際、私自身も週に
2回は行ってしまっています。そして 毎回違うものを食べています。
IMG_4718
そんな近隣の飲食店泣かせな店が隣の隣にできました。

すき家ピーンチ!

ちなみに80種類がどんな感じか想像できない方も
いると思うので、理解できるように写真を用意しました。
IMG_4722
こんな感じのところで、ご飯をまずお皿またはテイクアウト用の
プラスチック容器に入れてもらいます。そこにあるおかずから、
好きなだけ選んでOKです。

IMG_4723
4種類でも5種類でも好きにもれますが、大体は種類が増えると
それぞれの量が少しでも値段が上がります。とった分だけ値段が
あがるシステムなので、みんな2-3品くらいのおかずを盛ります。
IMG_4721
圧巻、の一言です。端から端まで行くと、最初にあったものを忘れます。
この店の魅力は、おかずの豊富さだけではありません。なんと・・・
IMG_4720
Free Soupとあるように、スープも無料です。店内に大きな寸胴鍋があり、
そこから好きにとっていいことになっています。 
IMG_4724
ぶた肉炒め物+野菜炒め2種で合計3種盛り合わせ。
無料のスープと冷たい中国茶(これは50セント、約15円)
IMG_4725
 ご飯6.5+お茶0.5で合計7RM(210円)。

これを迎え撃つすき家のメニューはキムチ牛丼でほぼ11RM(330円)
 IMG_4504
ねぎたま牛丼ほぼ12RM(360円)
IMG_4485
チーズ牛丼で11RM(330円)
IMG_4438
個人的にはねぎ玉がかなり好きですが、どうでしょうか。
それほど客は減っていないようにも見えますが、
徐々にボディーブローのように効いてこないか心配です。

問題は、

「ここのところずっといっていなかったし、すき家いこうかなぁ」

って思って近くまできたのに、気がついたらMix Riceに足が向いている、
そしておかずを盛っている自分がいる。この驚愕の事実。

来週中に、一回はすき家でねぎたまを食べます(公約)。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ