やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

2014年06月

coin
旅行先で日本円の小銭がジャラジャラあるの、面倒じゃないですか?

しかし海外では500円玉分のお金で一泊分のホテル代になることもあります。
インドでは100円でご飯を食べてお茶まで飲めます。

小銭も、日本円だと馬鹿にできません。

では、どうやって小銭を空港に行くまでに有意義に使い切るか?

今回の一時帰国では、家を出た際に1800円位小銭があったのですが
フライトまでに1円を残して小銭をすべて使い切りました。そのコツを共有します。

①1円・5円は両替、または事前に家に置いていく

とにかく自販機などで使用できないので持たないようにしましょう。
出先の場合はキオスクなどで両替してもらって10円玉にしてもOKです。

②とりあえず電子マネー化する

1000円以上小銭がある場合は、駅の自動販売機でチャージ しましょう。
1000円単位でしかチャージできませんが、小銭は何枚入れてもOKです。
10円玉や50円玉をできるだけ多めに使いましょう。

③小銭で切符を購入する

小銭が1000円以内になったら、空港までの移動は
面倒ですが切符を買いましょう。ここでPASMOなどを
使ってはチャージした意味が半減します。

この際に大事なのは、目的地まで十分な小銭がなくても
途中までの切符を購入する点です。空港最寄り駅で
電子マネーで清算をすれば、小銭を使い切れます。

10円単位になったら、公衆電話

携帯があれば不要ですが、長期旅行などで
日本の携帯を止めている場合などに有効です。
大事な人への電話をお忘れなく!! 

こうやって、私は1円を残してすべて小銭を使い切りました。
皆さんも海外に行く際には賢く小銭を利用して、
ジャラジャラ小銭を持つストレスから開放されましょう!! 

IMG_4938
2014年の初日はネパールで犬に足をかまれて
狂犬病の治療にてんやわんや。一ヶ月間に
病院に6回行って血清やワクチンをうちました。


その代金はその場で 私が支払ったのですが
一時帰国中に一部がCOOP共済で返ってきました!!

IMG_4940
私はV2000コース(月額2000円)でした。これだと、
入院は一日5000円、通院は1日1500円保障でした。

狂犬病関連では計6回通院しました。最初にネパールで
2回通院した際には領収証がでなかったので、マレーシアでの
4回のみで6000円戻ってくればOKかなぁと思っていたのですが、
こちらもカウントしてくれました。1500×6で9000円が降りました。

この対応がありがたい。

それも、先週の頭に処理をしたらすでに振り込まれていました。
早い!!COOP共済、すばらしいですね。

2年間のインド時代は海外旅行保険を会社が年間15万円出して
購入してくれました。ただ、2年で病院に行ったのは食あたりで一回行ったのみ。

それならもう少しローコストでリターンが少ないものでいいのではないか?
と思ってこの1年はCOOP共済だったのですが、独り身ならこれくらいで
ちょうどいい気がします。

15万円で旅行保険を買った場合

保険料年間支出・・・15万円
治療全体が100%カバー

トータルのコスト15万円

COOP共済の場合

支出

保険料年間支出・・・24000円
ネパールの治療・・・3000円
マレーシアでワクチン・・64000円

見舞金

事故の見舞返還・・・9000円

トータルのコスト 81000円

と、海外旅行保険の半分で済みます。

もちろん狂犬病以外大きな事故もなくラッキーだっただけ
かも知れません。基本は私も海外旅行保険に入ることは
良い決断と思います。

ただ、選択肢としてもっと安いCOOP共済も
利用可能だということは知っておいて損はないと思います。

注意点としては、

①事故発生から180日以内に申請をしないと見舞金がもらえない

一年間長期旅行などをする場合には、180日を超えると
日本で申請をしても手遅れになりますので気をつけましょう。
私は1月発生、6月末申請だったのでOKでした。

②医師の診断書が必要

海外に行く前に事前にCOOPに海外に行くと伝えると、
外国で医師に書いてもらう申請書をもらえます。
これに医師の署名がないともらえないので、
日本をでる前にもらっておきましょう。

わたしも、今回の赴任前に日本で取り寄せてから
いったので対応可能でした。これも気をつけましょう。

IMG_4939
誰でも入れるCOOP共済は、コストを抑えたい場合に
有効かもしれません。とはいえ海外で大病を患う、事故にあう
といったこともあります。

帰国しないとお金が戻らない
補償料金が月4000円にしても入院費用補償最大1万円

というのはアジアの途上国での仕事や旅行向きだと思われます。
アメリカなどのケースだとかなりまずい事もあります。それぞれの責任で決断をしてください。

10452388_10154253124800702_6925866223664491816_n
2014年8月号のBig Tomorrowに、私の電子書籍に関する記事が出ています。
日本在住の方は、是非購入(または立ち読み)をお願いします。

昨年4月にインドの電子書籍を出してから1年ちょっとで
5冊を出版してきましたが、何かうれしいものです。

実はBig Tomorrowは掲載されるのが2回目です。
前回は、2013年の2月1日発行のもので
海外就職に関する記事で、インド時代のものでした。

その際に、

「インドは好きですけど、ここでなければというこだわりはないんです。
通訳のスキルが磨ければ、他の国でもかまいません」 

そのまんまで、今はマレーシアに滞在して仕事をしています。
もうすぐあの会社で仕事をして1年になりますが、
1年前よりも確実にスキルが付いているとも実感しています。

これからどうなるのか、わかりませんが引き続き努力を
重ねたいと思います。 

IMG_4922

ついに献本してもらった南インドの歩き方を読みました。私が書いたことや紹介したことに似たことがありましたが、基本的な情報がよくまとまっています。南インドに行く人にはとてもいいと思います。

そういえばアマゾンのレビューで、私の本に2つ星をつけた方がいました。

インドでIT起業するには、とか何人の日本人がその情報知りたいですかね…
特許取得とか…
かと思えば南インドでの生活用品の項目では
生理用品は専門外なので控えますって…
いやそこ教えてくれよ!というのがあったり
とにかく万人に向いてない自分勝手、自己満足的な内容にかんじました


との事、なるほどなーと思いました。
なので、知り合いのインド経験女性に聞いてみました。

以下Q&A

①インドの生理用品どうですか?

昔はホントにお粗末なシロモノでしたが今は日本と変わらないクオリティのものが売ってますよ。ちゃんと一枚一枚個装されてますし、薄型とか夜用もあります。安いものはいまだに一枚びろーんと個装もされず、折られてもいず、いかにも吸い込みの悪そうなのが6~7枚入りでワンパックになってます。

という人もいれば、

高いやつは日本の普通並みって感じかな~。安いのはダメだね。あと素材?じゃないくて・・・肌触りっていうのかな?日本製はそういうのに各メーカーこだわってるけど、そういうこだわりはあんまりないみたい。マレーシアのナプキンは安いけど、クオリティーは日本製よりはだいぶ劣ります。吸収力とか、肌触りとかはインド<マレーシアで、ぜんぜん駄目です。

という声も。その人は現地のナプキンは非常時に何回が使ったことがあるだけで、基本は日本からまとめ買いしたものを使っていたらしいです。

②値段はどのくらいですか?

ナプキンは日本よりうんと割高です。8枚くらいで220円とかするのもあった気がします。で、不思議とほとんど羽根つきでデオドラントの匂いつきです。そしてタンポンは売ってるのを見たことがありません。スリランカもそうですがどこに聞いても扱っていません。

③ちなみに吸水性とか、そのあたりはインドのものでも日本並みで大丈夫ですか?

高いやつは日本の普通並みって感じかな~。安いのはダメだね。あと素材?じゃないくて・・・肌触りっていうのかな?日本製はそういうのに各メーカーこだわってるけど、そういうこだわりはあんまりないみたい。

との事です。これから行かれる方は参考にしてください。

南インド本も、まだ読んでいない方はどうぞ!!
 

画像 970
マレーシアで食べられる安くて美味しい食事は色々ありますが、
私がこちらにきて一番好きになった食べ物がバクテーなので、
まずはそちらを紹介します。

バクテーとは、土鍋で煮た豚肉のことです。
イスラム教では豚肉は禁止ですのであまり食べず、
中華系マレー人がバクテーを好んで食べます。
バクテーとは、私は「豚肉の醤油漢方煮込み」です。

肉骨茶は、豚肉が以前は比較的安かった事から
労働者が食べるものだったそうですが、最近ではキノコや白菜、
また豚の他の部位(臓物など)も入っているものが多く、
一人15RM~20RM(450~600円)するので、
普通に食事をするよりも高めです。

私もバクテーは大好きなのですが、気になることが一つあります。
こちらで仕事をしている日本人にバクテーが好きか?と聞くと、

「まあまあ」

という答えが返ってきます。そして、バクテーの食べ方の話をすると
大体の人が出された物をそのまま食べています。

しかし、中華系マレー人と一緒に食べに行くと、
みな一工夫して食べています。その工夫でとてもおいしくなるのに、
日本人は何もしないまま食べて、バクテーの持つおいしさを知らないまま、
というケースがかなり目立ちます。

本当のバクテー のおいしさを味わえないのは悲しいことです。
ですので、ここでは同僚と一緒に食べに行って学んだ、
バクテーのおいしい食べ方を紹介します。

バクテー屋に行くと、バクテーをおいしく食べるために必要な調味料が、
テーブルの上においてあります。各テーブル一つの場合もありますし、
適当においてある場合もあります。店員さんに頼めば大体そろえてくれますので、
安心してください。好みに合わせて使いましょう。
IMG_4513
どこのバクテー店でも

①液体な醤油(右側)
②ドロドロした醤油(左側)
③ニンニクみじん切り
④青唐辛子

大体この4個はおいてあります。これをお好みで混ぜます。
私は④③②①の順番で自分の小皿に入れて混ぜます。
そして、ニンニクや唐辛子のエキスが醤油と混ざって最高のソースになります。
画像 2757
注意点としては、

1)唐辛子は入れすぎと辛いので、3粒~6粒ほどにしたほうがいい。
2)最初は、調味料を少しづつ入れ、味見をしながら量産すると良い
3)ニンニクは匂いが・・・と考えない。おいしくいただくことを最優先!
画像 2756
バクテーは土鍋料理です。
画像 2656
土鍋でドンと持ってきてくれます。普通の豚肉のほかに、臓物系が入っていることもあります。
画像 2763
こうやって、つけて食べます。
画像 2758
人数が多い場合は、一緒に野菜などもオーダーするといいでしょう。
また、バクテーのほかにドライバクテーというのもあります。
画像 2864
豚肉の他に、オクラが入っています。さらに、
イカの細かく切ったものが入っています。
このイカの風味がとても良いアクセントになっているのが特徴です。

最後に、バクテーにはシンガポールが起源と言う説と、
マレーシアが起源という説があります。
個人的にはマレーシアでバクテーを覚えたので
バクテーマレーシア説をサポートしたいと思います。根拠はありません。

ブキビンタンにあるお勧めのバクテー屋への、
迷わない行き方を紹介していますので、よろしければどうぞ!
 ↓



このページのトップヘ