やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

2014年04月

IMG_4536
マレーシアに来て、お土産に困っている方も結構いるはずです。

ドリアンチップス&ドリアンチョコなどは、正直な所
多くの日本人の舌には合わないんですよね。

職場に持っていこうものなら朝鮮人参系のお菓子と
同格の扱いを受けて、大掃除で「もういいよね」で処分。
または、忘年会の罰ゲームで食べさせられる位になります。

日本への肉製品持込が一切禁止となったので、
チャイナタウンで売っているジャーキー系なども×です。

セントラルマーケットで売っているなまこ石鹸
最近はメジャーですが、一人一個は大変。

そんななか、私のお勧めを紹介します。 トップの写真にあるように、
グァヴァ、ライチ、マンゴーの飴です。
IMG_4539
グァヴァは中に地味にすっぱいのが入っていて、
病み付きになる味です。(それぞれに中にすっぱいのが
入ってますが、これが一番インパクトがあっておいしい)
IMG_4538
楊貴妃がこよなく愛したといわれるライチは、味や風味が
かなり果物に近いです。南国の太陽を感じられる味です。
IMG_4537
万人受けするマンゴーの素材の味が、ちゃんと出ています。
なんだかんだで日本人も大好きなマンゴーです。
IMG_4536
で、この3個に共通する

「日本の風味」

という表示。日本人からすると

1)日本の風味というより南国の風味である
2)日本ではあまり採れない果物ばかりで日本の風味ではない
3)日本の風味だけど、隠し切れないメイド・イン・マレーシア

と、つっこみどころが満載なのですが、
おいしい上に安い(一袋80円ほど) です。

購入方法ですが、イオンなどのお菓子売り場に並んでます。
視察やら観光の合間にガバッと買えるし、重くない、
そんなにかさばらないし、数が多いからばら撒けるので
会社などでのお土産にとても便利です。

デスクワークで疲れた脳に糖分を補給してもらいたい、
日本でも南国の香りを体験してほしい、そんな願いを
込めて3点セットを買って日本に持っていくと、
確実にドリアン系を買っていくよりも喜ばれます。 

「おすすめもわかるけど、もちっとしっかりしたのが良い」 

と思われるかもですが、安全牌ということで・・・ 

IMG_4557
「なんかさぁ、クアラルンプールの公共交通機関使いにくいよね」
と以前知り合いにいわれたのですが、正直そう思います。しかし、
ほんのちょっとだけ便利になったのでお知らせしたいと思います。
IMG_4570
「Nu Sentral」というショッピングセンターが先日オープンしました。
しかし、オープンといってもほとんどのテナントは開いていません。
IMG_4572
一応テナントは決まっているようですが
稼働率は3割といったところでしょうか・・・
IMG_4571
日本だったら開店と同時に全部オープンなのですが
できたところから開店していくというのがこっちらしい。

これにより、以前はKLセントラル駅からKLモノレール駅への移動が
「かなり」面倒だったのですが 、
「ちょっと」面倒に変わりました(笑)

KLセントラル駅隣接の「Nu Sentral」の中を通っていくと、
モノレールの駅にいけますので、行き方を説明します。 
 IMG_4555
KL Sentral駅⇔LCCTを移動する空港行き電車の売り場の
近くにあるマクドナルドの小さい出店を探しましょう。
IMG_4554
ここでは、ソフトクリーム(小さいの)を買っている人をよく見ます。
一個30円で売っています。特に、チョコにディップした
「チョコトップ」が60円とほぼ倍の値段ですが結構売れている印象です。
こことコーン屋の間を通って外に出ると、外にスタバが見えます。
IMG_4553
このスタバの横の入り口を入ります。
IMG_4552
まっすぐ進むと、右手に下りエスカレーターがあるので、降ります。
IMG_4551
エスカレーター右手には、果物屋が見えます
IMG_4549
果物屋を背にまっすぐ行きますが、
IMG_4550
このQuick Cutの方向ではないほうにいきます。
IMG_4548
右手にアップルの代理店が見えますので、
その隣の出口を外に出て車道を渡ります。
IMG_4546
この右手に、モノレール駅があります。
IMG_4547
以前は、結構暗い所&エアコンがない外を歩かないと
いけなかったのですが、これで便利に なりました!

※今は、このマック出店→スタバのルートがしまってますので、Nu Sentralのエスカレーターを上ってNu Sentralに入ってください。

このページのトップヘ