やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

2013年09月

ifyoupaypeanuts-final

最近は制作の仕事だけでなく、採用活動にも絡んでいます。
日本側の偉い人が面接をする際などに通訳をしています。 

色々な人と話をする機会があるので、感じた事をまとめます。

①面接をすっぽかす人が結構いる

スカイプでやることになっていたのに、ログインしてこない。
そのあとメールを出しても音信不通という人もいます。
もう決まったのなら一言言ってもいいのに。意外にいい加減。

最初から条件交渉は美しくない

「手当は出ますか?」
「家はどうしますか?用意してくれますか?」
「保険はどうですか?」
 
海外からの応募の人でよく見られる質問です。気になるのは
わかりますが、
ファーストコンタクトでこういった質問
NGではないでしょうか。もし自分が条件優先なんだ、
というのを表現したいのならわかりますが、個人的には
通訳していてもいい気持ちはしません。

労働市場も各国(または世界的に)相場があって、
だいたいのケースはそれに基づいて値段設定されています。
提示があってから嫌なら(
安いと思うなら)断ればいい。
将来的に給料が増えるかどうかは働き方次第。

③マレーシアで英語での採用をしていると世界中からエントリーがある

企業側にブランド価値があることが前提ですが、 マレーシア国内はもちろん
アジアや中東、時には欧米系の国からも応募があります。国をまたいで
仕事をするというのは世界中で起きている現象なんだなぁと感じます。 

④コミュニケーションができないとやはり厳しい

採用活動を英語でやると、

1)しっかりコミュニケーションを取れる人なのか
2)チームに入って仕事できるのか
3)英語が原因で作業などに遅れやミスが生じないか

といった事が気になります。アジア出身で英語が
ノンネイティブだと、何気ない質問に対して的確な
返答ができない人もいます。一回や二回なら何とか
OKですが、あんまり重なって来てしまうと、

この人大丈夫かな

と思ってしまいます。事前にみた作品から、仕事の
アウトプットの質がよさそうでも採用はできません。または、

「何でも出来ます」
「前の会社の上司からは評判良かったですので、安心してください」
「仕事は完璧です」

みたいな空虚な言葉を連呼されると、逆に大丈夫かなと感じます。

そういう文化なのかもしれませんが、語るべき内容とそうでない内容、
プレゼンの仕方がわかってない人が結構います。

あと、インド人はもう少し簡潔に、聞き取りやすく、しゃべってくれないかな。

⑤意外とマレーシアはビザ発給が比較的ゆるい

同僚にも結構外国人がいます。それに比べて、
お隣のシンガポールは厳しくなってます。

例えば、シンガ進出のDr.Ci:Laboは、採用が差別的との事で
国から
処罰されたそうです。30日間の謝罪をウェブに掲載
プラス半年の新規外国人雇用
禁止とのこと。

今のマレーシアではそこまで外国人のビザ発給に対して
厳しい態度はとっていませんので、この辺はマシです。
特に日本人なら、大体は取得は可能らしいですからね。

⑥マレ
ーシアだと社内公用語を英語にできる

職場のほとんどの人は基本的な英語のコミュニケーション能力を
備えている(そういう人を選んでいる)ので 、英語で話を進めることができます。
それも、世界中から「外人部隊」を集める事も可能です。もし本当にそうなると
通訳の出番はなくなるのですが、理論上マレーシアでは可能です。

大事なのは会社が方針としてそれをやりたいかです。

あとは適切に現場と管理職をリードする人(国籍問わず)がいて、
そして日本本社からも信頼されるトップ人材がいるか、というのが
日系企業にとっては問題でしょう。まぁそういう人は高いので相応の額を
払う必要がありますが。そのへんの踏ん切りが付かないのも原因か。

⑦仕事をもらうのは縁

本当にいい人材なんだけど、直近でこの仕事をさせたくて
採用活動しているからこの人は採れないよ、まじでゴメン。

という例を何件か見ています。そういうのを目の当たりにすると
採用というか、仕事は本当に縁だなぁと感じます。

_DSC7648
アジアの雰囲気を感じられる写真が欲しいんだよね〜。
_DSC7460
ローカルの人がいきそうな店の写真が欲しい。
_DSC7477
美味しそうなローカルの食べ物の画が欲しい。
_DSC7458
ペナン島ってどんな感じなのか、見てみたい。

そんな素材を求めている人に朗報。
_DSC7778
ペナンにこの前行った際に、同僚が大量に写真をとりました。
売れるなら売ってもいいと行っていたので、まとめて販売します。

約180枚で100円。使える物が10枚に1枚使える物が
あったとして1枚5円位。
_DSC7691
こんなどこかで使えそうな素材も一杯入ってます。

同僚はメガ粒子砲みたいなカメラを持っていったので
トリミングしたり背景をぼかしたり、と若干の加工もしてます。
_DSC7646
東南アジアには甘いミルクティーがよく似合う。
_DSC7512
歩き回って疲れた後にドイツビール、そしてソーセージ。
_DSC7518
うますぎる。更に、食事だけでなく
_DSC7592
ペナンの教会にあったロウソクも、こんな感じで
芸術の香りがします。

というか、ペナンの町自体も芸術の香りが漂っています。
ペナンの観光スポットに行った時の写真もカバーしています。
_DSC7603
いたるところに、こういうハリガネとか鉄みたいな物で
作ったアートというかオブジェといういか、そういうのが
よくみつかります。それをあてもなく見つけるために
ブラブラ街歩きをするのもとても面白いです。

こういう写真も10枚位入ってます。

他に、面白い所といえばこの写真。
_DSC7729
ペナンには、このへんに住んでるひと全員周さん一家、
という地域があります。 それも、地上ではありません。
_DSC7712
こんな感じで、水上に柱をたくさん立てて、その上に住んでます。
_DSC7738
 こんな感じ。結構普通。そして
 _DSC7739
何かそこに住む人たちの日常を感じる事ができます。

素材に!ペナンの下見に!そしてアジアを感じる為に!

ペナン島写真集はなんと100円!お求めはHonyeah!からどうそ。 

画像 2499
ペナン島ではバトゥ・フェリンギという所で、
ガラにもなくマリンスポーツを堪能。超楽しかったです!!

という訳でその情報を一挙公開します。

①バナナボート
画像 2553
これに乗って引っ張られます。
調子に乗って前後左右に揺らすと、さらに迫力が増します。
メガネをかけたまま乗ると、転覆してメガネが海の藻屑になります。
気を付けましょう。マジで気を付けましょう・・・

②ジェットスキー
画像 2543
かなり適当な講習を30秒受けて、20分乗り放題。
スピードかなり出るので超楽しい。
画像 2538
これに乗るためにビーチに行っても良いレベル。

昼食は
画像 2535
大三元海鮮という結構縁起のいい名前の店。
画像 2534
こんな感じの炒め物を皆でシェアしてあっという間にごちそうさま。
画像 2537
これで一人13RM(400円)位だった気が。うまかった。

③パラセイリング

出発準備
画像 2500
装備をつけて
画像 2502
パラシュートに装着。綱が切れたら多分大惨事ですね・・・
画像 2503
「もって、ダッシュ。」とか説明を受けます。
画像 2509
ダッシュします。
画像 2510
こんな感じで
画像 2511
一気に浮きます
画像 2512
飛びます
画像 2513
あっという間に豆粒のサイズ。
画像 2514
20階建て?位のビルを軽く下に見る高度まで上がります。
下を見ると怖いですが、横は最高。上空は風がとても強くて気持ちいい。

パラセイリングの着地

パラシュートのヒモを引いて高度を下げます
画像 2647
遠くから
画像 2648
近づいてきて
画像 2649
着地
画像 2650
すんなり着地できるのは30%位。タキシード仮面なら可能。
画像 2651
装備を外して
画像 2652
生還。超面白い。

④ドーナツボート
画像 2565
こんなのにのって、左右に揺られまくります。
画像 2571
ウヒョ〜!!って叫ぶこと間違いなし。
画像 2572
バナナよりもこっちの方が迫力あります。

 乗ったのは順不同で

①バナナボート
②ジェットスキー
③パラセイリング
④ドーナツボート

です。10時位にビーチについて、終わったのが3時〜4時位。
途中で色々待ちが入りますが、ビーチ沿いに椅子を確保してくれるので
問題ありません。私たちは一人200RM(約6000円)でした。

この値段を他のネット情報と比較してみると

グアムだと、3個で倍の値段になったりする。
バリはちょっと高いか同じくらいの値段。
日本人のブログだと、同じバトゥ・フェリンギで上記の②抜きで同じ値段払ってたりする
山中湖だとバナナボートだけで払った金額の半分。

結構おトクでした。

他のブログでもあるように、バトゥ・フェリンギのビーチを歩いていると、

「マリンスポーツする?バナナボート安いよ」

とか思いっきり日本語で話しかけてきます。
画像 2544
この人の電話番号は0164713602です。

名前は忘れた(すまない)ですが、日本語できます。
ボッタくりもせずに対応してくれましたのでお薦めです。
が、何かあっても自己責任でお願いします。

というわけで、ビーチリゾートを思いっきりエンジョイできます!
が、海の水はタイとかのビーチほどではないので、ご了承ください。

画像 2455
スバン空港発
→西マレーシアの都市+一部国際線(タイ・シンガポール・インドネシアなど)
というのが主な目的地ですが、3個の飛行機会社が乗り入れています。

※コタキナバル行きなどはここではありません。KUL発着になってます。

ファイヤーフライ

飛行機はこんな感じ。
画像 2460
プロペラがついてますが、飛ぶのに問題はありません。
帰りのペナン→スバンで利用しました。

ベリジャヤエア

画像 2454
今回の利用はなしですが、その内つかってみたいと思います。

マリンドエア

正面からの絵はこんな感じ。
画像 2448
こちらもプロペラ付き。
画像 2461
なんとインドネシアのライオンエアーの系列との事。
画像 2462
ちなみに飛行機の中は100人乗り位。
画像 2467
こんな感じでした。LCCなので狭いですが一時間なので我慢我慢。
画像 2464
1時間のフライトで軽食も出ました。
画像 2468
フルーツケーキ。普通に食べられる味でした。

ちなみに気になる値段だと思います。

マリンドエアの最安値が100RM(3000円)に対し、
エアアジアの最安はなんと50RM(1500円)です。

値段勝負ではエアアジアに軍配が上がります。
しかし比較的街中にある事から、KLでの時間を
少しでも長くしたい人ではもしかしたら利用価値が
高いかもしれません。 様々な状況に応じて
使い分けもできるのではないのでしょうか。

また、チケットを買う際にはスバン空港利用なのか
どうかを確認した方がよさそうです。ご注意下さい。 

画像 2466
この前の土曜は、マレーシアも祝日だったので3連休を利用して
会社の人とペナンにこのトップ絵のMalindoエアというのを利用して
行ってきました。その中で色々な発見があったので紹介します。

まず一つ目は、クアラルンプールにエアアジア以外にも
LCCがあったんだ!という衝撃の事実。エアアジアの存在感が
強すぎてあるという事を知りませんでした。

スバン空港がどの辺りにあるのかをまずご紹介したいと思います。
LCCT
真ん中下に国際空港やLCCTがあります。Aの位置がスバン空港です。

意外とKL中心地に近いんですね。それも、結構時刻表を守るLRTの
最終KeranaJaya駅→スバン空港はタクシーで20分程で行けます。
(値段は多分交渉になると思いますが、メーターだと15RM(450円)位です。

KLセントラル→LCCTがバスで1時間半
KLセントラル→ケラナジャヤがLRT25分、タクシー20分

でほぼ半分の時間で行くことが出来ます。お金<時間な
人には相当利用価値が高いといってもいいと思います。

成田=KL国際空港、羽田=スバン空港というイメージです。

ここは私がペナン行きで使用した様に、国内線のLCCが多いです(一部国際線含む)。

空港内も、全く古い印象はありません。パブみたいな所でビリヤードができたり
画像 2436

食事ももちろんできます
画像 2434
若干高いけど。
画像 2435
こんな感じでフードコートみたいになっている場所も。
マクドやKFCもありました。
画像 2438
もちろんローカル食も。(Ayamとはマレー語で鳥肉)
画像 2439
個人的にお薦めはチャパティを使用したラップ(包む方)系のファーストフード。
LCCTにもありますね、インド時代によくここのを食べていました。
画像 2441
焼きたてにチーズやケチャップ、チリソースなどを載せて4RM(120円位)美味。
画像 2440
あと、なぜか車の展示とかをやっていました。
画像 2431
この車、後ろからでははっきり見えないのですが・・・
画像 2432
なぜ空港にフェラーリを展示するのかわかりませんがありました。
画像 2425
でた、馬のエンブレム。
画像 2426
あとこちらはゲート近く。
画像 2446
ゲート近くのカフェ「Chaseなんたら」というところのWifiパスワードを共有(笑)
これで空港で離陸前に待っていてもWifiが利用可能。
画像 2449
次は、飛行機関連の話をまとめます。

このページのトップヘ