やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

2013年06月

画像 923
クアラルンプールの安宿の最近の傾向を一言で言うと優先順位が

飛び込み客<<ネット客

に完璧にシフトしてます。一昔前は、宿に泊まっていると

「あと何日いるの?」

とか聞かれたり、ユースホステルなどの情報では、

「ある街に着いたら、次の街の宿を電話やメールでとりあえず
一泊分予約して、後は気に入れば更新すればOK」

なんていうのもあった気がしますが、最近は
トリップアドバイザー
などの普及により
既に決済が済んでいる物があり、宿としてもネットの
予約状況を常に気にしないといけない状態になっているようです。
画像 925
もちろんネット予約はカードで支払完了しているので、

「予約したのにベッドが無かった」

とかなったら速攻でクレームを書かれてしまう。宿としては困ります。
そうならないようにする為に、割を食うのは飛び込み客です。

「君はお金払ってないから、明日はベッドないよ。
あさっては空きがあるから、明日ロビーで寝るならOK。
どうする?何かゴメンネ(テヘペロ)」

っていきなりなってしまう事もあるのです。
画像 926
または今日は部屋Aだけど、明日は部屋C、その次は部屋Bと
移動を余儀なくされるケースもあり、一泊予約しても、結構不足なケースも。
支払いをして宿泊を確定させていない以上、こちらが悪いので仕方ない。

「10年前にはユースホステル会員証ってのがあってね・・・」

とか言
いたくなってしまいたくなる私は古参パッカーなのでしょうか。
画像 924
まぁ、返金OKって言ってくれたら一ヶ月分ガバっと払って、
思ったより早く決まったら出るときにレシート出してバックして
もらえるといいのですが、そうもいかないとこもあるので。
交渉してみる価値はあるかもですね〜。

このページで写真を出していないお薦め宿があったり、写真のなかでも
かなりお薦めなところもあります。私の本でもう少し詳しく紹介
していますので、↓よろしければどうぞ!


追記)こんなメールを購入者からいただきました。感謝!

矢野様

初めまして。

現在、東南アジアを縦断旅行中なのですが、
先日居たシンガポールと、今滞在しているクアラルンプールで、
矢野様からの情報が非常に役に立ちましたので、お知らせいたしました。

シンガポールではKomala Vilasで初めての南インド料理を堪能し、 今日はクアラルンプールで、紹介されていた宿に宿泊しています。

『地球の歩き方』と電子書籍、そしてGoogle Mapsを組み合わせることで、
より効率よく楽しい旅ができました。学生にとって、
安くて設備のよい宿情報は本当に貴重です(笑)
情報をありがとうございました。

ありがたい事です。

新刊でました!1年間の生活を経て集めた情報を共有します。 クアラルンプール最新情報満載です↓


エレベーターで上がると
画像 915
150M
画像 916
200Mと、上がっていきます。ついに展望台です
画像 917
誰もいない。土産物屋も、なんか可哀想になります。
画像 921
在庫点検や、陳列の確認。
画像 924
ちなみに20分位いましたが、

欧米系家族7人
インド系家族5人
アジア系6人
位でほぼ貸切状態。

この人は何をしてるのだろう・・・
画像 918
黙々と帳簿付けてます。
画像 925
こちらのおねえさんも仕事してるかと思ったら
画像 922
雑誌読んでるし!!やる気は0。
画像 923
スタッフ同士でなにかしゃべったり
画像 920
暇を持て余しすぎてる感じです。
画像 919
まぁ、しかたないわな。ヘイズに関しては、今は問題ないですが。

Hazeさんは、小学校の帰りの会で好きな女の子から
糾弾されても仕方ないレベル。 戻ってこなくていいと思う。

快晴です!!ヘイズの影響今日はなし。!!
でも明日以降はしらない。多分大丈夫な気がしております。 

空気も過去最高レベルでいい感じです。

でもシンガポールはまだ若干影響があるとかないとか。
そちらは居ないのでわかりません。 

画像 918
久々に青い空をみました。

今日のクアラルンプールはヘイズの影響はほぼありません。

宿近くの建設現場 Before
画像 898
After
画像 917
もうクアラルンプールで空を見られないかと思ったよ。
画像 916
こんな感じなので、今は大丈夫です。
画像 914
ね?
画像 912
 ちなみにPSIの数値は、クアラルンプール周辺では100前後。
数値としては以前の状態に戻ったので一応は収束した、と
言ってもいい状況ですが、将来がどうかはわかりません。
画像 921
ヘイズはどこへ行った?って感じが若干します。KLタワーも
ツインタワーも一応チャイナタウン近辺から見えます。

もし自分で状況を調べたい場合は、マレーシアの環境省っぽい
ところが発表しているヘイズ情報のページを参考にしてください。

24日のデータと27日のデータを比べると、その凄さがわかります。

あと、観光情報ですがマレースタイルの結婚式を外国人にも
見て欲しいのか国が資金拠出して、観光客を招待しているらしいです。
画像 920
 今日〜土曜までやっているようです。軽食がでるだけでなく土曜日には
豪華な食事も食べられるそうです。興味がある場合はどうぞ! 

おまたせしました、24日にKLタワーの頂上から撮った写真です。
以前KLタワーに登った際に撮った写真が何枚かありましたので、
それもできる限り交えて紹介したいと思います。

以前登ったときはこんな感じだったんですよ。
5
視界は良好
6
こんなに発展してるんですよ、クアラルンプール!
JPG
それと、KLタワーは、自分が立っている場所から見える
この建物は〜ですよっていうのを紹介する写真が
上に付いてます(若干古いですが)。
1
こんな感じで。いいですねー。でも、ヘイズが入ると、
遠くを見るとこんな感じになります。
2
何も見えない(涙)
17
左下に見える塔みたいなタワー
18
かすかにみえますが、その向こうはもう見えません。
19
近距離を撮影してもこんな感じです。うーん。
5
私が以前撮った近距離の写真とヘイズの中のKLの比較
3
別な角度はこんな感じ
28
インドネシアさん!!なにやってんの。
4
右下の彫刻刀みたいなビルを、昔撮った写真。
5
ヘイズの中。
5
ちなみに、暇そうな係員に聞いてみたところ、
このまだなんとか見える地域は、徒歩で
5分〜10分圏内だそうです。そこから向こうは、ほぼ見えません。
14
ついにきました!KLの象徴ペトロナスツインタワー。
11
真ん中やや左に見えなくもない・・・いや、厳しいだろう、これ。ちなみに以前晴天時に撮った写真
5
ツインタワーを拡大しました。
12
なんかマレーシアより、砂嵐の中東(エジプト?)っぽいですね。別な角度から
14
本来はこんなにしっかり見えるんですよ。
5
画面右側にギリギリ見える位です。
15
厳しい・・・。係員が「何も見えないけど、いいですか?」という
理由もわかる。知らずに登ったら、金返せって言いたくなる。
20
↑この写真では右下に見える三角形のビルに注目!
5
こっちでは、真ん中下にAIAというビルがあります。
22
ヘイズが入るとかすかにAIAと読めるレベル。
俺、今こんな所に居るんだ・・・とふと思いました。
 怖いですねぇ、恐ろしいですねぇ。

中国人観光客が登ってきて外を見て

「アイヤー」

といったかどうかは、定かではありません。

最近のKLはここまでひどくない、もっとましになってます。 

このページのトップヘ