やのなのねのblog

学校教員→通訳学校→インドのIT企業で通翻訳(日本語スペシャリスト)→日本・マレーシアの合弁アニメ系企業で通翻訳(通訳多め、トランスレーター)→シンガポールの日系メーカー(通訳専属)

images
シンガポールで仕事を始めて、気がつけばもうすぐ半年になります。まだ感覚としては1-2ヶ月な気がしているのですが、早いものです。

この体感時間が経つのが早い理由の一つとしては、やはり仕事が大きな原因の一つだと思います。特に、出張が最近増えています。通訳として上司の行く先には一緒に行く必要がある事が多いので、直近の一ヶ月では営業日の半分はシンガポール外にいました。来週も出張で、日曜夜に出発予定です。

今までインドやマレーシアで仕事をしていた際には、通訳翻訳の仕事で出張はありませんでした・・・しかし、今の会社の役割ではそうではありません。

ちなみに、以前の私が「出張」という言葉を聞くと、こんなことを考えていました。

1)隙間時間に観光いける?有給あわせてとれば飛行機代無料で観光?

2)昼間便での移動は甘え、夜行で移動して時間効率よくやるべし。

3)毎日美味しい食事食べられそう。

4)そこそこ良いホテルに泊まれるんでしょ?いいなぁ。

5)自分も行ってみたいなぁ。


今はこんな感じです。

1)思っていたよりも自分の時間が取れないじゃん。

隙間時間というのがそもそも無い。びっちり仕事をしたらそのまま帰る感じです。有給に関しては、日本の規定ではNOですが、シンガポールオフィスはもしかしたらOKかもとの事。しかし、有給がまだ充分貯まっておらず、使えません。更に仕事が忙しすぎて「ついでに休暇を・・」という気持ちがわきません。

それに、出張で行く先は大体決まっている(営業所とか工場があるところ)ので、自分が行きたい観光地にいけるわけではないです。

2)疲れる(特に夜行)

移動も、1-2時間とかなら大丈夫ですがシンガポールから中国とか中距離の移動だと地味に大変で疲れが残ります。

シンガポールエアだと例えば上海→シンガポールが深夜発6時頃着の夜行便とかありますが、シンガポールに戻って仕事をしても、あまり集中できないです・・・疲れるのでもう使いたくありません。

バックパッカー時代にはホテル代を浮かすため、時間効率アップのため夜行便好き派でしたが、経費でホテル代出るし、眠い中で我慢大会しながら仕事をする事になるだけなので、自分から進んで夜行を利用するメリットはあまりありません。不可能ではないですが、

夜まで仕事でフル稼動
夜行便移動
朝から仕事でフル稼働

のサイクルを毎週のようにやるのはやはりキツイと思います。

3)ホテルのビュッフェに飽きる。会社の人との飲み会でも、結局通訳。

ホテルの朝食ビュッフェが昔は好きでしたが、大体どこに行っても同じような物が出るので今は特にうれしくありません。

美味しいものは食べられますが、仕事で行っているので飲み会でもランチでも通訳する必要があり、ゆっくり食べられません・・・が、最近それにも慣れて来ました。

同じ言語の人同士で話しているときに可能な限り食べておくのはもちろんのこと、会話の際にもこんな感じで通訳をします。

話者A「ところで~の件ってどうなってます?あれは本当に・・・」
矢野  食べる
話者B 聞く

話者A 食べる
矢野 通訳
話者B 聞く

話者A 聞く
矢野  食べる
話者B 「あの件はですねー、私も注意していたのですが・・・」

話者A 聞く
矢野 通訳
話者B 食べる

的な感じで、結構食べるタイミングを見計らえるようになって来ました。時には多めに口に入れたり、少なめにしたり、あえて口に入れないこともあったり、などなど。美味しく味わうというよりも、栄養摂取です(涙)

4)ベッドに入って寝たら同じ

バックパッカー時代から思っていましたが、やっぱ目をつぶって寝ちゃえば同じです。バスタブとかアメニティとかが違いますが、ほとんど使わないし。

私の宿泊体験が一泊2000円の安ホテルから一泊1万円以内のホテルに上がっただけだから、もしかしたら本当の高級ホテルのよさを私自身がまだ味わっていないだけなのかもしれませんが・・・。

5)他の人から「良いなー」といわれるけど、楽じゃない。

会社がお金かけて移動させてる分、成果が求められますし楽ではないです。以前は私も無邪気に「たまに出張行けると良いなぁ」と思ってました。今は「キライ」では無いですが、積極的に「行きたい」とはならないですね。

選べるなら、月に1回位だと気分転換になるのでいいですね。もう少し有給が貯まったら、会社に有給とあわせての使用を申請してみたいと思います。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

10360543_10153253347948180_8904601700817663239_n
結構有名な店ですが、第一回はクラークキーのブルーワーカーズで飲みました。日本でも地ビールやクラフトビールは結構高いのですが、日本よりも飲み代が高いシンガポール。いかに安く美味しいものを食べるか?と考えた結果、以下のコースにしました。

①リトルインディアでビリヤニを食べる
11151047_10153253347953180_5917224869943573559_n
以前私がリトルインディアのホーカーにあるビリヤニ店の全てで食べ比べをして、一番美味しかったと感じた店のビリヤニをみんなで食べました。ボリュームはあるので、結構お腹一杯になります。
10360543_10153253347948180_8904601700817663239_n
それからクラークキーに移動。10人でビール4L入りのタワーを注文。(真ん中奥に、空のタワーがあります。ランプみたいのがあるの分かりますか?)

ハッピーアワーが7時なので6時40分に入店してすぐにタワーを頼み、飲む。

そしてハッピーアワーが終わる直前にもう一本タワーを頼みます。お腹一杯なので、食べものはにぎやかし程度に2-3品頼めばOK。

そのお値段が・・・

11207336_10153253348738180_5131230445915985660_n
タワー1個で87SGD。合計で約250SGDです。10人で行ったので一人25SGDでした。ビリヤニ代とあわせて一人30SGD(2700円)です。

シンガポールでは飲み代がひとり100SGD(9000円)を超えるのが普通な中で、この値段でこのクオリティの食べ飲み物は満足度が高い!とのコメントをいただきました。

ただ、昨日気がつけよという感じですが、昨日開催したクラフトビールの会の支払いで、どなたか10SGD紙幣と100タイバーツ紙幣を間違えて払った人がいます(笑)

11146559_10153254239483180_4647854113205556474_n


次回は一人予算50SGDくらいを目安に(タイバーツではなく)美味しいローカルフードを食べてビールを味わいに行くという企画で6月にやりたいと思います。

仮押さえ日程

第2回)6月20日(土)
集合時間)昼の17時30分
集合場所)ファーラーパーク駅の出口H(地上)

です。 興味がある方はこのサイトに参加申し込みをしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

11175005_10153226370523180_4837266777931805626_n
ピースボートで通訳をしている満元さんに
シンガポールでインタビューをしてみました。
11061193_10153226370518180_4640733031043642917_n
「精神と時の部屋」的に、毎日通訳・翻訳をするようです。

参加料が100万を超えるピースボートですが、
通訳・翻訳として参加をすれば食事も宿代も全て無料です。
その分、例えばシンガポールに着いたら一日ツアーガイドの
通訳といった感じで、行く先々で通訳をする機会があったりするそうです。

更に英語ネイティブが先生として乗船していて、
通訳担当は同じ部屋に入って寝泊りするらしく、
英語の勉強も日常的にできます。

実務経験0から1の間の0.5にするには

ある意味でかなり選択肢としてはアリかもしれません。

特に「旅行好き」「通訳になりたい」「色々な分野の通訳をする経験が欲しい」
といった感じの若干若手な人にはかなり悪くない選択肢だと思います。

エージェントの方に以前ピースボートのボランティア通訳は実務経験になるか?
と聞いたことがありますが、

まったく評価しないわけではない、それなりに評価する

ともおっしゃっていました。結局は面接などでのパフォーマンスが大事で、
やった分だけ上手くなると考えれば、ボコボコにされる経験を積む、
冷や汗をかく機会を得るのは大事だと思います。

インタビューの大体の内容

1)ピースボートで通訳をした理由は?
2)ピースボートに乗っている通訳のレベルはどんな感じ?
3)実際、どんな仕事があるのか?
4)ピースボートでの講演はどんな感じで、どんな通訳をするのか?
5)ピースボートで通訳をする上で大変なことは何か?
6)通訳チームのメンバーはどんな感じ?
7) ピースボートで通訳をやってよかった?
8)船酔いって大丈夫?
9) ピースボート乗船メンバーに見える日本の縮図とは?
10)ピースボートの意外な使い方とは?
11) ピースボートの中はどんな感じ?
12)私が通訳経験0のときと今の市場の違いは?
13)ピースボートが終わった後は、日本で仕事?海外で仕事?
14)世界の経済状況からみて、今ある海外就職の魅力は? 

音声はやのなのね通訳翻訳研究所に入会していただけると、聞けます!

以下、過去のインタビューです。

 ①南インドで通訳翻訳ってどんな感じ?30分×2本

私と海外就職研究家のもりぞおさんのインタビュー

②マレーシアのアニメ会社で通訳翻訳ってどんな感じ? 30分×1本

私と海外就職研究家のもりぞおさんのインタビュー

③マレーシアの日系製造業で通訳翻訳ってどんな感じ? 30分×1本 

私と20台女性のインタビュー。
海外就職2カ国目の人とマレーシアの経験を語ります。

④人生初の海外就職でマレーシアの日系製造業にいくのってどんな感じ? 25分×1本

私と30台女性のインタビュー。
人生初の海外就職でマレーシアに来た人のインタビュー。

⑤マレーシア人で日系企業で通訳・翻訳として仕事をしている人にインタビューしてみた。(約20分)

※最近、④と⑤はあれから3ヶ月、どうよ?のインタビューもしてきました。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ